読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/21-22 P5サントラ入手と鉄オルを少し

【1/21】

夜:ピザ、パスタ、フライドポテト、肉、ワイン

半日会社行って山梨行って大学の先生のご退官コンサートへ行ってきた。
先輩後輩もちろん同級生も大集合して、たいへんにぎわいました。
コンサート後にレセプションがありましたが、こちらは22:30で〆られ、同級生会を
ゆっこちゃんちで開催。そのままお泊り。久々にTDとものんびりできてうれしかったよ。


【1/22】

朝:パン
昼:ラー油そば

12時ごろまでゆっことTDでのんびりしてしまった。
それからTDの家へ行ってTDとTD彼氏さんとアニメイト行ったりラー油そば食べたりしていた。
ココリそばのところへ行ったんだけれど、そばは固め太目でつけ汁はラー油&しょうゆ濃いめで辛かった。
ちょっと、きついね…

アニメイトではペルソナ5のサントラを買ったぞー!わーい!

 

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック

 

 

そこから二人とは別れて帰宅の途へ着きました。

家ついてから「鉄血のオルフェンズ」の最新話をみました。やっぱり、2期になってからつまらない本になってしまった。
1期は「クーちゃんを地球に送り届ける」が最終目標で、それに向かっていたし、道が見えると見てる方も楽です。
未熟な主人公たちが目標に向かってがむしゃらに、死に物狂いで、実際に死んだ人もいて、辛くても目標に向かって、という
物語の筋というか軸が通っていて、物語ってこうあるべきだよなーしみじみーいい作品だなーと感動していました。
2期は、なにがつまらないんだろ。まぁ、物語の軸は無い気がする。
「火星の王」もぽっと出だし、具体性ないし最終目標としては弱いよな。
あと人がただ死んでしまいがち。1期はメンバーが死んで悲しいけど悲しんでいられない、目標果たさなきゃいけないから、
という流れが哀しみを増幅させるし、仕事を完遂させようとしている様に燃えるし、死んでも物語上意味があった。
でもアミダさんや名瀬さん、元ブルワーズの団員が亡くなっても、ただ死んだだけって感じがする。
ガリガリ君とマッキーの会合だって「どうせただ話してお終いなんだろ?」と思ったらホントにただしゃべっただけだった。
マッキーもガリガリ君も特にアクション起こしていないし。わたしが見落としていなければ…。
一つ一つのイベントが起きて、そのイベントの物語上意味がまだ提示されていないから見ていてストレスなんだな。
せめて次の話数では提示してほしいよね。まあ物語上の意味なんてないのかもしれない。それは残念だな。