wanshannan’s diary

ドラマ、映画、ゲームの感想を中心にその他のことも書きます。

2022.8/14 「ひだまりが聴こえる」読んだ

【8/14】

朝:春雨サラダ、モツ煮
夜:トースト、ナッツ、ハチミツ

人に自分の作品を褒めてもらうなどした。

1週間ホテル暮らしして、「今の居場所の価値観を全てだと思わない」というのは頭に入っているんだけれど、実際に別の場所に行ったことがないと信じられないんだよなあと実感した。頭で入ってるけど、今居る場所の自分はゴミ屑扱いで、頭の中に常識があっても、現状優先しちゃうんだよね。というわけで、1週間ホテル暮らしは自分にとって良い薬にはなったと思う。ホテル生活自体に負担がないし、毎日1時間歩けたし、作業に没頭しすぎて他のことを考える隙間がなかったし。でも自分がゴミ屑になる現場へ戻らなければならない。きついねえ。いつまでもつか。もたなくなったら、その時に考えよ。

「ひだまりが聴こえる」を読んだ。すごくいい。BLと言う枠によって、この作品と相性が良いにもかかわらず読めていない人が数多く居ることが想像される。こういうとき、枠ってホント邪魔というか惜しいというか、だなあ~。私はこの作品の作者でも編集者でも何でもないけど、とっても悔しい。もっと多くの人が見るべき作品。

 

 


内容は、男子大学生同士の交流から恋愛に発展なんだけどプラトニックです。鍛えられた腐女子は、この時点で敬遠するかも知れない。敬遠しない人は、この作品を楽しむ才能がある。
主人公は2人で、難聴主人公は自分の障害を受け入れるのにとても難儀しているんだけど、もう1人の主人公、光の主人公としよう、との交流により、光の主人公と出会えたのだから、そのきっかけになったのが自分の障害なのだから、自分の全てを受け入れて、納得できる、と語るシーンに涙ボタボタでした。あまりに大きな幸せを前にしたら、その他のことはもう良いんですよ。モーニングの『I WISH』をすぐに思い出しました。全ていつか納得できるさ。


www.youtube.com


漫画BL作品て、1巻完結がとても多くて、キャラクターや設定が好きになっても、続刊がないんですよ、なかなか。もっと言えば、読み切りになってしまう。短編集のBL漫画も多いですからね。そういう風にインスタントに楽しむのがBL文化の一面であるので、しょうがないかと受け入れていたのですが、これは、もう、まだ連載中じゃあないですか。歓喜ですよ、歓喜以外の何物でもない。私は「同級生」も「テンカウント」も連載が終了してから読み始めたので、まだ続いている途中のBL漫画に出会えたことが僥倖です。なぜか、生きる意味が増えたことを意味するからです。自分はまだ、生きていられるという希望に出会ったも同然です。

 

 

 


最後に、私はBL作品や恋愛漫画、少女漫画で、恋愛関係にある2人の力関係が対等でない作品は、読んでいて辛くなります。片方の意見が全て通ってしまうような話だと、とてもつまらない。「テンカウント」は、黒瀬が主導権を握っているように見えて、城谷が無意識に相手を誘導、操作していた。そういう、対等さというか、お互いがお互いに作用し合って、力関係がシーソーのようにその場その場で刻々と変わり、どちらへ振れるか分からない、それが恋愛漫画の面白さだと確信しました。生きるぞ、俺は。

2022.8/1-13 ホテル暮らし

【8/1】

午前は動画見て、午後出勤。予想していたけど、仕事終わらん。

 

【8/2】

夜:だし、白米

午前は動画見て、午後出勤。テストがきつい。電気がきつい。

 

【8/3】

午前は動画見て、午後出勤。テストがきつい。

 

【8/4】

午前動画見てテスト。上司に電話かけたときの内容が良くないから今日かけても電話口で緊張された。そりゃそうか。

 

【8/5】

午前中動画見て、午後出勤。

「ショタおに」読んだ。プラトニックでした。高校の同級生、安西さんが好きです。当て馬というか、主人公の良い相談相手のビジュアルが黒髪デコだしボブギャルだなんて、サイコーだ。

 

 

 

【8/6】

夜:ビーフシチュー

動画見てテストやって仕事して出発準備。大事なチケットを忘れた。

 

【8/7】

夜:みそ汁、サラダ巻

レッスン行った。その後移動、ホテル生活1日目。


【8/8】

朝:お茶づけ、サラダ
昼:テリヤキバーガー
夜:ビール、キッシュ、サラダ

ホテル生活2日目。午前は授業。何だか眠くなってしまった。午後は伴奏者と合せ。

 

【8/9】

朝:お茶漬け、サラダ、チキンカツ
昼:白米、味のマリネ、サバの塩焼き
夜:ひじきの煮物、パン

ホテル生活3日目。午前授業。午後は持ち帰り作業。持ち帰り作業が2時間くらいかかってしまった。失敗したら修正しに戻らないといけないのが大変。時間も消費する。

 

【8/10】

朝:カレー
昼:味噌ラーメン
夜:パン、みそ汁

ホテル生活4日目。午前授業、午後は持ち帰りと歌練習。歌練習で自分を追い込みすぎた。

 

【8/11】

朝:お茶漬け
昼:パン、お味噌汁
夜:サバ寿司

ホテル生活5日目。午前授業、午後は持ち帰り作業と歌練習。本当は、チェキ取りに行く予定だったんだけど、券を忘れたので諦めた。

 

【8/12】

朝:お茶漬け
昼:パン、お味噌汁
夜:肉汁うどん、オクラ納豆丼

ホテル生活6日目。午前授業、午後は伴奏者と合せ。ルームツアー後、だうに連れて行ってもらった。肉汁うどんという、濃い味付けのものにゆずや三つ葉が入っていてビビった。今時期夏ですが。晩夏ですが。季節感皆無。あと、外で食べるものでもないという感じ。家で食べるならごちそうなんだけど。

 

【8/13】

朝:お茶漬け
昼:パン
夜:ぶりのカマ焼き、春雨サラダ

ホテル生活7日目、最終日。午前授業、なんとか完成。ボタン付けは出来なかったけれど、自宅へ帰ってから、せっせと付けた。正直、6日間でこんなものが作れるとは思わなかった。自分も頑張ったけど、やらせた先生方と、周囲の環境のおかげやな。明日本番の予定が、立ち消え、延期になった。

ホテル暮らし1週間したんですが、快適すぎて最高だった。シーツは3日に1度替えてもらえる、ゴミは毎日回収してもらえる、タオルも毎日新しいものを置いてくれる、掃除も3日に1度してくれる、ネットは使いたい放題、電気使いたい放題、洗濯はコインランドリーにてドラム式洗濯機で乾燥までする、毎朝ご飯がある。6泊7日で4万円切りました。食事はコンビニか、スーパーの赤札ついた物、お湯でといて飲むみそ汁12食を毎日飲んで、4300円くらいでした。なんか、私は家事が本当に苦痛だったんだなと改めて深く自覚しました。将来はホテル暮らしを目標に生きて行きます。月20万家賃にぶっこめれる人間になりたいです。

2022.7/21-31 刑法について考えた

【7/21】

体力なくてピアノも長時間弾けなくてつら。今日は休んだ。

 

【7/22】

ご飯作って食べる気力はあったが片付けるパワーがない。

 

【7/23】

休みだった。

 

【7/24】

ヒプマイのキャラって素直な子が多くてはめられたりだまされたりとかしばしばあるけど、それが判明した瞬間にマイクで殴って解決してしまうから、別に人間性が変わる必要ないんだよな。ただただマイクで殴るパワーがあり続ければなんの問題もない。結局暴力やんH歴の概念よ。

 

【7/25】

注文していた同人誌が届いた。正直注文したことも忘れていた。でも、マジでこの世のすべてを許した。というか、かかずらってきたすべてのことがどうでもよくなった。あまりに本の貴重さ、ありがたさ、喜びが上位に来すぎていて、自分がかかずらってきた内容のレベルか下位過ぎてどうでも良くなった。こんな気持ちになれるのも、かつてオタクだった自分のおかげ。今はオタクができてない自分だけれど、昔の自分に助けられたよ。

 

【7/26】

夜:レタスサラダ

歯の針金の太さが上下の歯共に太いものになり、形状記憶合金の力が強まったので、歯が痛い。レタスを噛みしめて、歯が痛い。

 

【7/27】

あと二週間で歌詞を覚えられるか大会開催。

 

【7/28】

オレ余暇のために生きてたのに余暇がないんだぜ。死んでるじゃんそれ。

 

【7/29】

昨年の本番の音声を今頃聞いた。自分が、こんな理性を持って、操作性のある演奏を出来るだなんて知らなかった。ここまで出来ているのなら、生きていて良かったし、これから出来なくてもいいやみたいな気がしてくる。明日どうなってもいい。悔いがない。自分にとって満足できるもの、既に築けていた。

 

【7/30】

元同僚達が来てBBQした。まるでJKのような勢いだった。雨が降る直前に撤収できたのでやったね。ジュマンジの2作目を見た。ええ映画や。

 

 

 

【7/31】

先日、死刑囚に刑が執行されたとのことで、これも機会と思い死刑囚や刑法について調べてみた。

死刑囚のような人を生み出さないための努力は、なるべく他人に親切にする、あと自分にも親切にする。

殺人罪と致死罪は、被害者が亡くなるという点で違いはないけれど、刑としては大きな差がある。だから、弁護士は殺意の有無を争点にするのだと思う。

併合罪というものがある。通常複数の罪状がある被告には、その中で最も刑が重いものを基準に刑期などを決める。しかし、最も重いものを適用したところで、その罪が甚だしいものである場合、別の罪状を持ってきて、刑期を増やして求刑することが出来るらしい。これが併合罪の適用というものだそうだ。知識がウィキペディアなのと、私の精神状態が安定していないので、違う読み取りになっているかもしれん。

内乱罪というものは、主犯以外は死刑を免れるらしい。

法律を変えた事件というのも当たって少し調べてみた。

裁判官は結論から考えるととあるYouTuberが言っていたのだけれど、そうかも知れないと思った。じゃないと、裁判官が沢山居る必要ないじゃない。法よりも先に、自分の感情をもとにする。それでいいと思う。法はこじつけみたいな。

2022.7/1-20 限界が来た

【7/1】

「お祭りデビューだぜ!」を聴いて泣いた。ハロプロは世界平和を祈る団体であると同時に商業的成功を目的にした団体です。


www.youtube.com

 

 

 

【7/2】

ブーニン来日してたなんて知らなかった。

 

【7/3】

休みだった。

 

【7/4】

ただ自分の主張を言うだけでは他人に受け入れてはもらえませんのでしゃべり方は考えないといけません。冷静だったら出来るかもしれないけど、いつでも冷静な訳じゃないのがきついところであります。

 

【7/5】

今年就活してる人はラッキーだ。引く手あまたで。こういう巡りは自分では起こせないものなので、ぜひしっかりと掴んでほしい。

 

【7/6】

NHKFMで朝一からトゥランガリラが流れてきてビビった。なぜトゥランガリラ。でも、朝イチでトゥランガリラ聴くとつらくも悲しくもなく目も冴えて爽やかな気持ちになれました。

 

【7/7】

22時過ぎると声帯が寝ている。脳も寝ている。よって歌えない。歌わせろ。

 

【7/8】

元同僚がBBQしに来てくれた。とても不幸があった日だけれど、BBQは幸せです。

 

【7/9】

選挙活動への暴力による妨害は民主主義へ対する挑戦である、という考えは政治家であれば共通しているものだと知った。民主主義は暴力によって容易に崩れるはかないもの。

 

【7/10】

選挙の日。こういうときばかりはNHK+も全画面見ることが出来る。面白すぎて延々笑っていた。新たな国政政党、選挙活動一切していないであろうYouTuber当選、サラリーマンの鑑ななみさん、N党2%取る、福島さん、辻本さん、長野県の異質さ、見所が沢山あった。

 

【7/11】

出勤した。

 

【7/12】

朝はNHKFMから流れてきたユジャワンとシモンボリバルドゥダメルラフマニノフ3番を聴いて泣きながら通勤してた。オチャノーマのCD届いたで。

 

【7/13】

気分転換のつもりでお散歩してみたけど疲弊した自分を俯瞰して確認するだけにとどまったわ気分転換できてないわ。
オチャノーマデビューおめでとう。

 

【7/14】

出勤した。

 

【7/15】

NHKFMでガルシアくんオペラシティ公演聴いた。やっぱ、音響がいいホールと整備が確実なピアノだと、実力バーン出てきて清々しかった。なんで俺はタケミツメモリアルへいかなかったんや。俺もピアノ弾きながら歌を歌える余裕がほしいよ。

 

【7/16】

労働して疲れた。なにかを食べたい気はするけど腸も胃もとにかく胴体腹側がいたい。

 

【7/17】

レッスン行った。友人達きてBBQした。

 

【7/18】

友人達と美術館行ったり、お買い物したりした。

 

【7/19】

自分の行動の根を見つけた。想像していたより根深かった。私は、自分の発言で人との縁が完全に切れてしまったことがあり、それが自分の傷になっている。そして今、自分の発言で何かが動くのが怖くて、おびえていて、恐ろしくて、伝えたいこと、思っていること、なかなか言えないでいる。人間関係に致命傷が生まれることを恐れているから。過去の経験から、無意識にこういう行動を取っているのだと腑に落ちた。

 

【7/20】

自分によかれと思ってしたことが結局クリティカルヒットになり動けなくなる。それが人生。具体的に言うと、自分の元気を回復させるために人を呼んでBBQの予定をしばしば作っているんだけど、楽しかったことからの落差に耐えきれず、今日はボロボロだった。昨日は耐えられた。でも、今日は無理だった。15時から21時まで、涙が止まらなくて、布団と洗面台を延々往復していた。顔が濡れたら顔を洗い、涙が流れてまた洗面台へ。今となっては、アル中が生まれる過程が良くわかる。酒飲めばとりあえず、頭の中酩酊するからな。アル中を無くすには、自分の人生を思った通りに生きなきゃいかんのだな。そして今日も課題締め切り。また出せなかった。

2022.6/21-30 漫画が上手い

【6/21】

セレモニアル買った。たっけえ。

 

【6/22】

課題締め切り日。また出せなかった。

 

【6/23】

バッハで指が筋肉痛。あり得ない指の動きをしないと音がつながらない。軽快さの欠片もない。さてはバッハ、ピアノで作曲していないだろ。

 

【6/24】

ガッコウのシラバス、どこにあるかいつも分からなくて探す時間が無駄。

 

【6/25】

kindle久々に開いたら見たことないUIなってる。

 

【6/26】

本読んだ。面白かったけどスゴイ高い。表紙はなぜかCFX。

 

ピアノ図鑑~歴史、構造、世界の銘器~

ピアノ図鑑~歴史、構造、世界の銘器~

Amazon

 


ライプツィヒに2つもピアノメーカーあるの、とかグレートブリテンにもそんなにメーカーありますか、とかピアノが生まれた時期から稼働している工場が今もピアノを作っているのかと思うと、わあと思うなどしていた。ショパンプレイエル弾いてたのにショパンコンクールでは採用されていない。なんだか漠然とピアノはヤマハカワイスタインウェイファツィオリみたいな気がしてたけど、もう少し広く見て良いんだなと思うなど。つーかファツィオリ規格外だよな 他社は近年そろいもそろって販売数右肩下がりなのに自分だけ右肩上がり。

 

【6/27】

仕事に使えるかと思って石油の歴史について調べている。何で。でも、調べても私の頭の理解が追いつかない。真っ黒は原油がどうしたら透明なガソリンになるのかさっぱり分からん。

 

【6/28】

多くの合唱曲で歌い出しに八分休符が入っているんだけど、今日やっとその意味が分かった。良い声が出やすい呼吸が出来るからだ。今頃気がつくなんて、勉強の速度が遅すぎるので愕然としたけれど、まあ。いいや。20年かけて勉強してきたから、今気づけたんだし、よかったじゃん。

 

【6/29】

モーニング娘。加入が研修生から無しか。悲しい。

今日の仕事は良かったんだか悪かったんだか、ようわからんかった……情報盛るのが悪いクセで……盛ると言うより数を沢山やりすぎた……

 

【6/30】

くたびれすぎたので漫画を読んだ。「それでも世界は美しい」完結してるのは知っていたけど読めていなかったので、読んだら、ビックリした。こんな鬱展開を挟んでフィナーレだなんて。人柱は良くないよー。あと、ショタものの終焉はショタの成長なのだろうか。僕はショタが成長した先も見たいよ。だって、かつてはショタだったんだから、その先を見たくなるのは普通じゃないか、ショタ好きとして。

 

 

そっから少しだけ「暁のヨナ」も読んだ。漫画が上手すぎてビックリした。緑龍と出会った辺り以降を読んでたんだけど、漫画が上手すぎる。展開と、見せ方と、絵と、総合的に漫画が上手すぎてビックリした。

 

 

2022.6/5-20 ガルシアくん聴いた

【6/5】

レッスン行って、おばあちゃんに会ってきた。話に聞いていたよりは元気そうだった。

 

【6/6】

今日のお客さんもまじありがたかった。良いことが何かわかるのがすごいんだぜ。それにしてもブシロードのライブ、なんで所沢なんだ。膝から崩れ落ちる気持ちやぞ。

 

【6/7】

写真撮った。苦痛だった。

 

【6/8】

人間の理解は深まるが人間を上手く出来るわけではない。6月ですが、この半年何していたかって言うと、絶望し続けていたな。

 

【6/9】

仕事行った。

 

【6/10】

以前自分が書いた文章に対してクレームを入れられたので腹立って違う文章を考えている最中。なんで腹が立つかというと、クレームの内容が、私の文章を全然読んでいないことが明らかだったからだ。私が取り上げたテーマのみ見て「良くない」という脊髄反射、許せない。ならば私が唯一しょっている看板にふさわしい文章を書いてやろうじゃないかと反骨精神である。反逆精神である。ぐうの音も言わせねえぞ。


【6/11】

夜:寿司、酒、チーズかまぼこ、ホタルイカ

富山へ行って、ガルシアくんを聴きに行った。鼻歌ではなく朗読ではなくお話し会でしたね。しゃべってるのが指揮みたいな。ピアノの音より先に声帯が発音してる。それにしても、どんな耳していたらあんな音が出るんだろうな。ピアノはスタインウェイでした。でも、ピアノなのか会場なのか、それとも両方なのか、ガルシアくんの枷になっていたような気がして、最高なものではなかった気がする。良い演奏だったんだけど。音色は多彩だし、曲に合せて多彩な音を的確にはめ込んでいく技量が凄まじかった。ショパンソナタ3番の終楽章だけやりたい。カロリー高すぎる。


www.youtube.com

富山駅でストリートピアノ弾いた。久々に、楽しくピアノを弾けた気がする。


【6/12】

朝:フレンチトースト、コーヒー

富山から帰宅。無事帰ってこられて良かった。

 

【6/13】

NHKFMからヒンデミットチェロソナタOp.8が流れていた。一桁ヒンデミットは美しすぎる。

 

【6/14】

ピアノでバッハ練習中。難しすぎて2段目から抜け出せない。1ページ目から抜け出せない。

 

【6/15】

貸切バス8台組を見た。久々で、レアすぎて感動した。おまけに半分ふそうだぜ。

 

【6/16】

ギャルに髪を褒められた。ちゃんと頭洗おう。

 

【6/17】

出勤した。

 

【6/18】

休みだった。

 

【6/19】

休みなのでSwitch起動して少しだけとうらぶした。

 

 

 

【6/20】

血液検査結果でた。最近赤血球の量落ち着いたな~。明らかに食生活なんだけど何とは明確に言えない。

チューニングで拍手が起きた、なぜ。

2022.6/1-4 第3回東京国際ヴィオラコンクール

【6/1】

NHKFM聴いててヒンデミットの曲かと思ったらストラヴィンスキーの八重奏曲だった。ええ曲やった。2楽章マジヒンデミット感じたわ。1楽章はマジ新古典ストラヴィンスキー

 

【6/2】

ピアノ弾いてた。ブラームス和音の選び方ヤバくね。人の心つかみすぎだろ。あとテンポの設定もヤバい。

 

【6/3】

夜:酒、揚げ物

東京国際ヴィオラコンクールのファイナルを聴きに行ってきました。ずっと泣いてた。独奏曲も協奏曲も、3人のファイナリスト全員に胸打たれる場面あり、演奏そのものに涙した。一転、奏者達が今日を迎えるために修練し、こんな尊い時間がこの世に生まれている間に俺がしたことといえば、自分の生活を成立させるのに精一杯で、なんなら生活は半分くらいは崩壊しつつあって、この世を生きている人間と言うことには変わりないのに、どうしてこんなにも行為による尊さが、崇高さが、違うのだろうと悲しくなった。

私のメソメソは置いておいて。
フランスのサオさんはとても神経質な演奏だった。特にブラームス。協奏曲はその神経質さに東京フィルハーモニーが応えて素晴らしい調和だった。
韓国のパクさんはとても安定した演奏だった。というか、今井信子の弟子の音やったな……。あのちゃんと曲に合せたダイナミックさを配置する、そこを外さない確実さ、まさに信子ちゃん。
日本の湯浅さんはパワフルだった。てかヒンデミットコンクールで1位取ってるんかいっていう。迫力は一番あったので、印象には残りやすかったかも。
それにしてもウォルトンいい曲書きすぎでは???同じ曲3回聴いたけど3回とも泣いたわ。

ファイナルしかいけなかったので、もう少しファイナリストいたらなーなんて考えていた。
つーか、コンテスタントの友人でも家族でもない人間が新幹線で仕事帰りに来て、まるきり他人の演奏に延々涙するってなかなか異常やな。自分で自分の異常さを確認したわ。
でも僕はヴィオラが好きだし、ブラームスヴィオラソナタが大好きだし、ヒンデミットが大好きだし、ウォルトンの協奏曲なんてもう3回連続で聴いてても満足度高いし、そういう人間なんで異常でもなんでも行くんですよ。ええ。異常なまま生きていきます。

このコンクールは、ネットで配信される上、アーカイブも残っているのがうれしいですね。ウォルトン良い曲なので、ぜひ聴いていただきたい。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

【6/4】

昼:ホットケーキ

紀尾井ホールの向かい、ニューオータニのサツキでホットケーキとコーヒーをいただきました。ホットケーキ2000円、ホットコーヒー1300円でした。コーヒーはカップを空にしていたら、お代わりついでもらえた。2杯いただけたので、実質スタバと同じ説。値段は高価格帯ですけど、店内の雰囲気は自分のような「奮発して勇気出してニューオータニで高いカフェ行っちゃうぞ」勢の、いわゆる一般庶民でしたので、思っていたより居やすかったです。

東京国際ヴィオラコンクールのガラコンサートへ行って聴いた。緊張感から解き放たれた演奏だったな。僕は緊張感ギリギリの演奏が好みなので、外れるところではありますが、上手なことは変わりない。でも、サオさんが演奏入ろうとした直前、会場から物音し、音の発生源をキリッと見返したところにゾクッとしました。僕は、貴方の、そういう神経質なところが、大変好みです。

そんなわけで、僕は昨日の聴衆賞にはサオさんへ入れたんですが、実際の順位はちょっと読めなかった。審査員が3人のどこを評価するのか、読めなかったから。でも順位を見ると、安定性の順番で取ったのかなと言う気がします。仕上がってる順番というか。パクさん、湯浅さん、サオさんの順。私の中ではブラームスの出来の順位もとい、ピアニストの順位でした。パクさんのピアニストが強すぎた。説得力がありすぎて、何も言うことがなかった。サオさんは特別賞で弓3本ももらってどうすんのよ、会場で笑いが起きたぜ。3位だけど弓を沢山あげようってか。

演奏聴く前にどのブラームスを選択したかでどんな奏者か想像したんですけど、韓国がド王道(No.2)、フランスが折衷(編曲)、日本が技巧(No.1)と想像してたんだけど、実際は、韓国がのぶこちゃん、フランスが超神経質、日本が堅固って感じ。全然想像が当てにならなかった。笑えるくらい当てにならない。

とても満足感が高いコンクールだった。毎回だけどさ。次回もありとあらゆる障害を排除して来よう。