wanshannan’s diary

ドラマ、映画、ゲームの感想を中心にその他のことも書きます。

4/15-19 P5Sクリアしました

【4/15】

会社行って帰った。P5Sも終盤です。

 

【4/16】

会社行って帰って酒飲んだ。

 

【4/17】

会社で異動があって気持ちがすさむ。私は異動ないけど周りの異動でざわつく。

 

【4/18】

P5Sです。京都ダンジョンは小さめだったのでサクッと終わり、大阪ダンジョンも終わりました。ラストダンジョンが見えてきたぞ。

 

【4/19】

P5Sクリアした。終わることが悲しくて泣いた。プレイ時間55時間27分、レベル70、難易度EASY。

ベタなんだけど、AIが感情を持つっていうくだりには、昔からの古典だけど、泣けちゃうよな。まんまと泣いたよ。Will power がかかるのは長谷川だけだと思ってたら、ソフィアでもかかってそこでもべしゃべしゃ泣いたよ。この曲で泣くとはな、シナリオのおかげですな。

あと、アトラスといえば神殺しなので、神様を殺せたのはやっぱり、いいですね。いつもの。シナリオはもちろんP5やP5Rよりも薄いけど、神様殺すから、ペルソナ5-2って感じだよな。神殺しでは、主人公チームを分けて戦うのが新鮮で良かったです。総力戦ぽい。

メンバー揃いも揃って盆も他の友達との交流や恋人(いるのかわからんけど)もバイトも全部断って日本一周キャンピングカーの旅ってなかなかすごいことよな。まあ、アリだよ。

セーブメチャクチャこまめにできて親切だったな……。普段のペルソナなら「今はキャンピングカーなんかに戻ってる場合じゃないわよ」とか言われてセーブできない。キャンピングカーに戻れるどころか料理と通販まで駆使してしまった。開発がATLUSメインだったらあんなにセーブさせないだろうし、セーブ可能だとしてもセーブポイントへ行くまでに心が折れるくらい遠い。セーブポイントが遠いのが悪いわけではない。「やべえ、セーブするまで襲われないですむだろうか、HPもSPもないしアイテムもないからあった瞬間即死なんだけど、ってあーん!しんだー!」とかまじドキドキなので楽しくはある。あと回復アイテムも豊富でお金が尽きることもないし、そういうとこも親切。

モナに「俺はずっとこいつらを見てきた!」なんて言われちゃうと泣いちゃうぜ。(またか)

アクションバトルが不安だったけど、ライドウみたいにスキルを選ぶときは時間停止するからそこまで大変じゃなかった。慣れればOKです。信号機を使って倒す、ショウタイムがある、総攻撃がある、序盤は戦いの要素が多くて困ったけど、慣れれば大丈夫。飛び込んでみれば案外いけるよ。


次のペルソナは何が出るんだろうな。ペルソナ6かな。P5S2でも全然いいです。冬休みしよう。PQやらんとな。その次はPQ2だ。

 

 

4/14 映画「ジョン・ウィック」みた

【4/14】

今日もP5Sが止まらない。殺人の濡れ衣を着せられた高校生、大学生です、こんにちは。

 


ジョーカーの立膝座りがえちえちに感じるんだ。感じない?

 

 

 


ゲーム内時間が8月下旬になってきて、終わりが見えてきました。ゲームを進めるのが惜しくなってきたので、ただで借りられたキアヌ・リーブスジョン・ウィック」1作目を見ました。何も考えないで楽しめるバカアクション映画かと思いきやそんなことなくて、キアヌができる体術でやりきる誇張しない、スマートなアクション映画でした。体術アクションもあるけど、FPSっぽいな、なんて思ってたら作中でFPSやってるのには笑った。しかしキアヌ・リーブスって買いそうな役が似合うな、すごいよ。犬死んじゃうの悲しい。見たくない。でもその報復がすさまじかったな。何人死んだんだろ。殺し屋たるもの音もなく忍び寄るもの。逃走手段を排除しておくもの。続編はまたただ券が手に入ったら見ようかな。

 

ジョン・ウィック(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: Prime Video
 

 

4/12-13 P5Sプレイ日記

【4/12】

今日もP5S。誰もが載せがちなヒーホー行進。

 


あとポケモンを彷彿させる仕掛け。ポケモンの仕掛けは何度やってもできなかったな。

 


路面電車の駅があるのに全然電車が来なくてさみしい。ライドウだったら来る。

 

 

【4/13】

P5S、札幌ジェイルクリアで京都へ向かう。中学生が動画配信している場に立ち会う。

「お前のマネじゃね?」
「フンッ」
「うお、似てる!」
「いや本人だし」

この流れサイコーに笑える。


そっから神戸港でフェリーに乗って沖縄。で、沖縄で札幌ジェイル探索中にセーブしようとしたら、○×ボタンが反応せず、セーブもできないしゲームプレイにも戻れない。PSボタンは押せた。バグか何かだろうか。待てども暮らせども変化なかったので再起動しました。しょんぼり。


神様怒らせるっていうか、複数の神様殺してきました、俺たちATLUSユーザー。

 

 

 

4/9-11 ヴィオラスペース延期決定

【4/9】

ヴィオラスペースを主宰している会社がプロデュースしている別のコンサートで、ヴィオラスペース一週のものが中止になった。あと少し。

 

【4/10】

ヴィオラスペースの延期と払い戻しが決まった!やった!誤って購入したチケット4枚分が返ってくる!もしちゃんと自分の分だけ購入していたら「めっちゃさみしくて悲しいけどしょうがない」なんだけど、23,320円宙に浮かせている人間としては「九死に一生」という気持ちです。はぁ、良かった。信子ちゃんもタメスティ氏も「絶対にやってやる」というかたい意志が見えたので(コメントなくたってそういう人たちだってのは感じていたが)来年楽しみにしています。私がアニバーサリーだと思えばいつでもベートーヴェンヒンデミットアニバーサリー!


夜は天使とLINEビデオ通話してた。相変わらず埼玉ディスがやばい。あれで埼玉に住んでいて大丈夫なんだろうか。

 

【4/11】

P5Sやってます。真、竜司、モナという不利パーティで仙台キングに勝ったぞ。仙台でもすすきのでも酔っ払いは同じ。

 

 

 

 

4/5-8 本命は藤壺

【4/5】

仙台にいます。旅行しちゃいけない今こそP5Sだな。

 

あと仙台ジェイルにはアリプロが流れています。

 

 

 

 

【4/6】

行くつもりだったキティちゃんのミュージカルが中止になり、チケット払戻しをすることになった。行きたいと思ってた公演がなくなるのは、思っていたより、想像していたより、悲しい。


政府からの補償金?だけど、ウチの場合200なんかもらったってなんの足しにもならないんで、必要ない。その200で助かる所に渡してくれ。10倍もらったってなんの足しにもならん。100倍ないと無理。


なんか、ATLUSからとんでもないゲームが爆誕する予感。世の中がこんな風に経済活動停止して、人の動きが止まって、先が見えなくて、誰しも不安なんだけど、そんな雰囲気を落とし込んだゲームを絶対に作るであろうという確信がある。いつになるかはわからないけど、そう思った。

 

 

【4/7】

源君が完結していたので読んだ。良かった。やっぱり本命は藤壺だよなぁ。ラスト3ヶ月は、あーよかったなあーって思ったよ。やっぱこうあるべきだった。俺たちが求めてた状態だ。葵さんが近い感覚にいるのが流石正妻。

 

源君物語 16 (ヤングジャンプコミックス)

源君物語 16 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

【4/8】

4月から木曜日の私はゴチみてキムタクみてさとみをみるハードスケジュールだったのにゴチしか残らなかった。なんならミスサイゴンもとんだ。私が買ったチケットで残っているのはヴィオラスペースのみだ。

4/1-4 ワールドトリガーがサイコーだ

【4/1】

P5Sしてます。このゲームって、ライドウシリーズを踏襲してるよな。調べ物して、弱点を突いたアクション戦闘して、ってまんまライドウ。それにしてもキャンピングカーが欲しくなるゲームだ。

 

 

 

【4/2】

P5Sしてます。戦闘中に操作しているモルガナがどこかへ行ってしまい、使いにくい。人物ももう少し大きいと見やすいんだけどな。あと、料理モーションて必要だなと思った。ルブランでドリップしてる動きって、やはり良かったんだわ、作ってる感ある。包丁トントンしたり、鍋回したり、フライパンで焼いたりして欲しかった。

 

 

 

【4/3】

ツイッターワールドトリガーがホットワードに上がっていたんでジャンプSQ買ってきました。まぁ、私がアンケート出さなくても今月号はワールドトリガーが1位だと思うんですけど、その一助になりたかったんですよ。読みました。サイコーだね。
「修に新トリガー新技は無いでしょ」が私たち読者にとってもミスリードでした。修を見ていると、人になめられるのも悪いことだけではない気がしてくる。能ある鷹は爪隠す的な。ありがとう修。やっぱり主人公はあなただ。
「二宮さんつまんないウソつくね」が何気に一番アツいコマでした。二宮さん、修を警戒してるのバレてるよ!
ヒュースを序盤に欠けさせて、二宮隊フルメンバーと対戦させるのが一番スッとくるというか、本来の形で勝ったというか、ヒュースいなくてもここまでできるんだもんアピールというか、はー、サイコー。あと生存点以外に4点きっちり取っているのも強さの証明というかハマった感じ。生存点2点は二宮さんからの敬意やな。たまこま第二の完勝です。

 

 

 

【4/4】

ジャンプSQに興奮したのでワールドトリガー1巻から読んでいます。ワールドトリガーの序盤て派閥が意識されていたけど今となってはどこかへ消えてしまったな。ちかちゃんの体がふっとんだり、まっぷたつになったり、蜂の巣になったりするシーン、ほんとないな。オッキーに足吹っ飛ばされたくらいか。
諏訪さんの「ざっけんなクソMAPじゃねーか!」と奈良坂の「あの程度では防御のうちにはいらない」など、連載当時にグッときたセリフや会話が今も変わらずグッときて嬉しい。ガロプラ戦でリーダー決めるときのやり取りも大好き。

3/23-31 死を悼む

【3/23】

百合子の会見での「首都閉鎖」という単語で、「メガテン」という発言が飛び出してくるあたり、まだまだ余裕ある感じだな。

 

 

【3/24】

会社行って帰った。

 

 

【3/25】

イソッチが「私の父です」と紹介した人が獅童正義議員だった。二人は高級ワンルームマンションを二部屋借りており、それぞれ住んでいて、時折互いの部屋で過ごしている。

という夢を見た……。

 

 

【3/26】

細々と就活をしているんだけど、書類というか、個人情報を提出する度に「頼むから俺にだまされて俺を採用してくれ」と祈っている。俺は使える人間で見所がある人間で優秀な人間だと勘違いしてくれ、と祈っている。なんなんだ就活って。

2020オリンピックがどうのと言われているので調べてみた。1940夏期東京五輪は中止じゃなくて、返上なのよね。あと1940冬季札幌五輪も返上。昔は冬季と夏季の五輪を同じ年にやってたんだなと言う気づき。あと、ドイツは1936年に冬季と夏期五輪をやり通した。すげぇ。いだてんは徹底して夏のことしか取り上げなかったからな。冬の話まで入れたら尺が増えてしょうがなかったんだろう。つか「いだてん2020」を作って欲しいな。

 

 

【3/27】

本屋行ったら写真集コーナーがあってのぞいてみた。日頃からいい顔だと思っていた人の本を次々と手に取って見るが、そのつど首をかしげる。表紙だけで「これは買いだ」と思ったのは岡田健史さん。被写体がいいのはわかりきっているので、あとは撮る人の感性と腕。写真集は被写体より、撮る人の力に左右されると思った。いや、考えなくてもそりゃそうなんだけどさ。

 

岡田健史ファースト写真集 「鼓動」 throbs

岡田健史ファースト写真集 「鼓動」 throbs

  • 作者:岡田 健史
  • 発売日: 2019/06/12
  • メディア: 単行本
 

 
夜は山梨の会。酔いによって気持ちいものの、ヤバい友人の介抱がえらい大変だった。えらいことになった。

 

 

【3/28】

飲み過ぎたせいもあって夕方まで寝ていた。

 

 

【3/29】

めちゃくちゃ雪かきした。雪下ろしまでした。雪下ろしをしたのは2014年2月の大雪以来だそうだ。
雪降ったし外出しちゃいけないって言うからゲームです。ティーカップの速度が速い。

 

 

 

 

【3/30】

志村けんさんがなくなった。長野にバカ殿が来たとき行けば良かった。めちゃくちゃ後悔した。親戚が老衰や病気で亡くなったとき以上に悲しくて切なくて泣けてきた。私の中の、何かを面白いとか、笑えるとか、そういう基準を作った人だったんだと思う。いつかは死んでも、こんなことで死なないで欲しかった。本当に嫌だ。

 

志村けんのバカ殿様 DVD-BOX

志村けんのバカ殿様 DVD-BOX

  • 発売日: 2006/01/27
  • メディア: DVD
 

 

【3/31】

高校の吹奏楽班の何が嫌だったかを急に考え始めていた。何かがもう少し違っていたら、もっと上手になれたバンドだったのに残念だったな。