wanshannan’s diary

ドラマ、映画、ゲームの感想を中心にその他のことも書きます。

原子力発電は安価で安定的で環境負荷が少ない発電方法ですか?

電気は安価で安定供給できて環境負荷が少ないものがいいとされています。コレに安全性を加え、専門用語で「3E+S」と言うそうです。
3.11から9年経とうとしている今日、原子力発電は安価で安定的で環境負荷が少ない安全な発電方法だと言い切れる人はどの位いらっしゃるでしょうか。あんまりいないのではないでしょうか。なぜかというと、いくつか原因があると思います。例えばこんな感じ。


・バンバン稼働させるつもりだった原子炉を次々廃炉にしなきゃいけないこと
・稼働させるための安全基準が上がってその基準を満たす工事を余儀なくされたこと
・福島第一の事故による賠償金が20兆と計算されていること
・福島第一の廃炉にめっちゃ金がかかりそうなこと


こんな感じだと思います。原発を建てた当初より金がかかることは確かみたいだけど、実際どうなんでしょう。20兆って、大金じゃん。数字を出されるとめちゃコストかかる発電方法に見えるよね。そんな疑問に答えてくれるのは国家公務員、経済産業省資源エネルギー庁の記事でございます。

www.enecho.meti.go.jp

この記事から、かいつまんで情報を取り上げます。


・100万kw発電するのに必要な燃料輸送コスト、ウラン(原発)なら10tトラック2.1台、石油(火力発電)なら20t石油タンカー7.75隻
・100万kw発電する原発(敷地面積0.6㎞²)と同じだけ発電するには、太陽光なら58㎞²、風力なら214㎞²
・1kWh発電コスト、原発は10.1円、石油火力は30.6~43.4円、風力は21.6円
福島第一原発の事故対応費用20兆円だけど、10兆円回収するために1kWhあたり0.1~0.3円を発電コストに上乗せすれば足ります
・よって、どんな状況にあっても原子力発電がコストの面で有利なのは変わりない


こんな感じ。な、なるほど~、と思う一方、コストの面のみしか語っていないので、安全性や安定供給、環境負荷に関しては書かれていません。原発を動かす理由としてコストは一番有利な点だけど、電気を使ってる人間として気になるのは他の部分、「3E+S」のみならず、電力会社への信頼です。3.11で原子力発電は信用だだ下がりしちゃったから、どうやって信頼してもらうかがわりと大事な気もします。
「電気なんかなくったって人は生きていける!」なんて極端なことを言ってる人もいるかも知れないけど、電気なくなったら死ぬ人は絶対います。「3E+S」と信頼をなるべくレベルカンストして欲しいと思います。

あと、金の話に始終したら「電気料金に上乗せすれば済むと思いやがっている」と短絡な私は思ってしまうので、原子力発電を推進するなら、コスト以外の点からも原発の利点を紹介した方がいいよね。がんばれ、国家公務員。いい記事待ってます。

それから、原子力発電従事者の方々の心労も軽くなるような情報とか技術とかあるといいな。苦しむことは良くない。

 

追記(2019/11/11)

福島第一原発の近隣市町村は現在進行形でゴーストタウン(GoogleMAPより)になってることや、親戚や友人の繋がりが以前と変化したこと、移住先で原発差別にあった人間の気持ちとか、こういう金では計れないものってどうなってるんだろう。なかったことになってるのかな。もう全部棚上げだな。

11/3 ドラマ「おっさんずラブ in the sky」第1話 感想

【11/3】

ドラマ「おっさんずラブ in the sky」見ました。面白いけれど、前作のファンである私は嫌なドギマギする瞬間が有り、その点不快だった。


面白いところ。テンポが早くて笑いどころが多い。キャラクターの作りもしっかりしているので、どういう人なのかすぐに把握できる。


ちょっと嫌だったところ、その1。前作と同じ演出が多発して胸が締め付けられた。
演出で気になったのはカメラのカット割りの多さ。前作からの特徴ではあるのですが、1シーン取るのに5台くらいカメラがある。例えば今回の終盤、春田と搭乗できないお客の会話シーン。春田を撮るカメラ、お客を撮るカメラ、二人を近くで撮るカメラ、二人を引いて撮るカメラ、二人を俯瞰して撮るカメラ、この5台がスイッチが切り替わるの如く1秒おきぐらいに移り変わる。カット割りの多さは気を引くんだけれど、気が散ってしまいがち。私は長回ししてくれた方が集中して見るし、そちらの方が好き。ここまでカットが多いと気持ち悪くなるし、酔う。この演出、以前は「おっさんずラブらしいな」と受け止めていたんだけど、おっさんずラブらしさを感じて少しダメージを受けた。前作と別物として見たいのに、前作を思い出させる演出が見ていてしんどかった。他にも月と照明をだぶらせる、夜景が見えるテラスのベンチで語らう、男の料理シーン、男二人で飯を食う、お年寄りを春田が手助けするシーン、全部いちいちしんどかった。以前通用したことをやられても、見てる側は新鮮味がないので、もう少しひと工夫して欲しい。なんでこんなにダメージを受けるのか、自分でも分からない。


ちょっと嫌だったところ、その2。前作に登場した小道具やロケ地が出てきて息が詰まった。
牧ネクタイやお餅お椀もさることながら、Forever Love指輪が便器に沈んでいるのは、とても傷ついた。あと春田の後輩が、牧くんの倒れた橋でロケしているのも心臓に悪かった。春田の部屋に飛行機のプラモデルがあるのも嫌だった。ゾイドを彷彿とさせるから、うっと息が詰まった。春田の携帯の着信音も嫌でした。別のにして欲しい。


不満なところ、千葉雄大さんの役。彼はとても甘いベビーフェイスをしているのだから、もっと天然でぽやぽやした、無自覚に、そして悪魔的に人を誘惑するキャラクターの方が似合っていると思う。「え~、1回寝たくらいで付き合ってると思ってたのぉ?」(心からぽかーん、首コテン、キョトン顔、みたいな)こっちのがいい。けれどなぜかクールなキメ顔役なんだよな・・・。これで春田さんのことを好きになってデレデレにならなかったら存在意義がないぞ。このままクールにすかしたままで本を書いているとしたら、ちょっと許せない。デレさせろ。私の認識している千葉雄大像と世間の千葉雄大像が乖離しているのだろうか。わからん。


役どころでもう1点。春田の後輩役はMEGUMIがよかった。ごめんね、春田の後輩役の女優さん。


不満な点が「前作のファン」という前提がなければ、不満になり得ない所だらけですね。なので、ちゃんと面白くできてるドラマだと思います。今後の予想ですが、春田は誰ともくっつかないのではないだろうか。前作は1話の時点で「恋がしたい!」と叫んでいた主人公で、3角関係も提示しきっていた。しかし今回はとにかく仕事頑張る、という姿勢のみだし、メイン男4人の関係がどう発展していくかがはっきり示されていないように感じる。よって、春田は誰も選ばないんじゃないかな。文句言いながらも最後まで見ると思います。

春田がブラックコーヒーを飲んでるのは前回と差別化できて良いね。ただ、アイスコーヒーを持っていると、彼は飲まずにぶっかけられることになっている。それにしても、千葉雄大に詰め寄っていた女優さんのたわわなこと。そっちに目が行ってしまった。いかんいかん。

 

劇場版おっさんずラブ?LOVE or DEAD? オフィシャルBOOK

劇場版おっさんずラブ?LOVE or DEAD? オフィシャルBOOK

 

 

11/1-2 P5Rしてます

【11/1】

牧凌太のお誕生日だからツイッター支部に新作漫画やイラスト、小説が更新されまくって供給過多。うれしいけど、追いつけない。

朝ドラ「スカーレット」で水野美紀さんの同僚が突然会社を辞めたのを見て、真似したいと思いました。

 

【11/2】

旅サラダを見ている。田中圭は裸の撮影が増えて不満を口にしていたけれど、ロケに温泉をくっつければご覧の通り、自ら脱いでくれます。問題解決。

おっさんずラブってもう全国で10館くらいしか上映してないんだね。ちょっとさみしい。大規模の映画館と言うより、小規模の映画館がほとんどのように見える。梅田頑張れ。連日満席の梅田頑張れ。目指せ、港北NTのうたプリ

P5Rしてます。担任「不登校になればいいのに」と言った口で「なんで遅刻してくるの?」と説教する理不尽恥知らず。でも今後の展開を知っているからなんとも言えない気持ちになる。使い倒されることに幸せを感じるけなげな女よ。主人公たちもだけど先生たちが特に視野狭いよな。

P5との比較。シナリオオート送りが楽すぎ。やっぱなきゃな。バトルごとに弾数回復…!とてもうれちい。

今更だけど、モナとリュウジのテキスト量が多い。この二人はしゃべるのが多くて大変だ。鴨志田先生の一番歪んだ認知は杏ちゃんへの印象だよな。どんだけねじ曲げてんだ。人の頭の中の自分を見ざるを得ない杏ちゃんの精神的苦痛たるや計り知れない。

メッセージ画面なんだけど、メガテンネタを入れてくれています。うれしい。

f:id:maruminaburana:20191105212934j:plain

すぐに消せ

 

 

 

 

10/30-31 P5Rはじめました

【10/30】

会社行って帰った。


【10/31】

P5R発売日。退勤ダッシュして特典なし通常版を引き取るのと同時に、P5Sの予約もしてきましたお。私に抜かりなし。
深夜0時に渋谷スクランブル交差点の街頭テレビで広告打ちまくってたんですが、コレいくらかかったんでしょう。P5儲かったのね。

 


発売記念に責任者のインタビュー。聞き手が上手いと思った。

news.denfaminicogamer.jp


で、2時間くらいしかやれてないんですが、新キャラの「あなたにはまだやることがあるんですよね?」なんていう思わせぶりな台詞にイラッとした。こちとらまださわりはじめたばっかだから知ったか言われても困るわ。
あと、高校生たちのモデルが薄すぎる。細すぎる。田中圭の体がこの世で最も美しいと思い込んでいる私には、鴨志田先生のモデルの方が魅力的に映りました。もう少し主人公を肉厚にして。
あと、P5プレイ特典があるらしい。うれしいけど、この特典を使えるのはいつになることやら。

f:id:maruminaburana:20191105211027j:plain

回復アイテムかな



P5とどう違うのかなー、もしかして冒頭が圧縮されてテンポよくなるのかなー、なんて思ってたけど、序盤が長いのは変わりなかった。むしろ新キャラのために伸びたな。やっぱ夢中にならざるを得ない。
今日は初めてパレスへ行って帰還するところまで。自由行動までがほど遠い。

 

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

 

 

米倉で次回、岡田健史氏が出演することを知り喜びに震える。彼はいるだけでありがたい存在です。

 

あといなくなってしまった人を探すため、河原をひた歩いたんだけど、なぎ倒された木々や流れ着いたゴミに藁に唖然としていた。
早く、出てきて。

10/27-29 大河ドラマ「いだてん」がおしい

【10/27】

原発の記事を書けてとりあえずスッキリ。感覚としては調べ学習のまとめという感じ。多分、もう少し書きます。
原発稼働、建設に反対、賛成という視点では書きません。それを決めるのは私ではなく電力会社だから。でも電気を消費する身として、電気料金がどういうことに使われているのか、どういう方針で電気を作るのか、そういうことは知りたいです。知らないことばかりです。

夜は2週間ぶりの大河ドラマ「いだてん」です。やっぱりこのドラマは視聴者にドラマを見る能力を求めている。観る側の技量というのか、咀嚼能力が必要。
まずテンポが早い、時系列が行ったり来たりする、でる人わりと早口、登場人物が多い。
テンポは間違いなく早い。会話のスピードが早くて早口気味だからもう、二乗で早い。テンポが早いのを更に助長しているのは時系列が飛ぶこと。今回なんて戦後14年間を阿部サダヲさんが星野源に語って聞かせるという回だったので特に忙しかった。めちゃくちゃ行ったり戻ったりした。
登場人物は間違いなく多い。死んだと言われてなくても史実で死んでる人もいるし、ロサンゼルスオリンピックだけ出て終わりという人もいる。どんどん新しい人が増えてきて情報過多。あの人どうなったと思う間もなく次のエピソードがやってくる。
でも、これらは悪いことだけではない。テンポが早いと集中して見られるしボリュームもたっぷりだから満足感がある。人が多くても絶対何か特徴やエピソードを残して去って行くから、物語の谷山を沢山作れてよりドラマチックという良い面もあります。
でも、観る側の技量が問われる作品だから、良いところを拾える人は拾えるけど、置いてかれてしまう人には楽しめないドラマになっているように感じる。正直、今回の話は5秒目と耳を閉じていたら置いて行かれる。なんだろ、良いことやってるし他にはないことやってるし、めっちゃ良いんだけど、どこをどうしたらもっと人に見てもらえて楽しんでもらえるんだろう。おしいな。
50年前にオリンピックするのも、今オリンピックするのもめちゃくちゃ大変。全然学習してないんかい、と言うくらい同じところでつまずいていて、あきれる気もするけど、それが人間らしいよな。なーんて思いながら楽しんで見ています。

キムタク2話目。日和ることなくキムタクをパラサイトクズのままにしてくれてホッとした。じゃないと前提が崩れてしまう。そのままでいてね。

 

いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

 

 

 

【10/28】

会社行って帰った。なんかさ、おっさんずラブを見るまでドラマを見る習慣も、番宣する俳優を見るためバラエティ番組を見る習慣もなかった。おっさんずラブが私に影響を残している。すごい。


【10/29】

会社行って帰った。舞台「ヘンリー8世」の抽選に落ちました。明日海りおの卒業公演ライビュが4,700円して手数料込みで5,200円くらいするのに、ひょえー、としています。生で舞台見れる金額やんけ。どうなってるん。

「準国産エネルギー」呪縛

青森県六ヶ所村六ヶ所再処理工場という施設がありまして、私はてっきり使用済み核燃料を保管するだけの施設かと思い込んでいたんですが、違うようです。

使用済み核燃料は、発電所の原子炉で使われてしまった核物質のこと。核物質のウランやプルトニウムだけではなく、いろいろな物質が混ざった物になります。この使用済み核燃料からウランやプルトニウムを分けて取り出す工場が六ヶ所再処理工場なんだそうです。

なぜ使用済み核燃料からウランやプルトニウムを選り分けるのか、理由があります。取り出したウランやプルトニウム原発で燃料として使うのです。こうして処理されてウランやプルトニウムは「準国産エネルギー」なんて言われます。確かに日本でそういう処理をして、再び燃料として使えるなら国産エネルギーに準じる存在と言えるでしょう。この「準国産エネルギー」は通常の原発(沸騰型軽水炉や加圧水型軽水炉など)ではなく、「高速炉」と言われる原子炉でバンバン使うことが予定されていました。そっからまた使用済み核燃料をより分けてまた原子炉に戻して、と永遠に発電できることになりますので、外国から燃料買う必要がなくなるって話でした。

でもこの「高速炉」がまだ上手いことできていないらしい。理論上はできるけど、実際につくって動かす技術が確立されていないみたい。本当は「もんじゅ」という発電所で技術を確立させて、それをもとに「高速炉」の原発を作っていこうとしてたんだろうけど、この「もんじゅ」が事故や火災や想定外のことが起きすぎて、結果廃炉が決まった。よって、この「準国産エネルギー」構想は露と消えたというか、暗礁に乗り上げたのが現状のようです。なんてこった。

通常の原発でもウランと「準国産エネルギー」を混ぜて発電する「プルサーマル」というのもあるんだけど、高浜原発伊方原発でしかやってないせいで全然プルトニウムが減らないという。なんてこった。「プルサーマル」も技術がとても難しくて、ウランだけを燃料にするよりもリスクがあるらしく、自治体の許可がなかなか下りなくて進まないらしい。プルサーマルしようがしまいが、原発あることに変わりはないのだけど何がダメなんだろう。自治体のこういう感覚がよく分からないから説明して欲しい。

閑話休題。これにより新しい問題が浮上します。「準国産エネルギー」つまり、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムたちが想定よりも全然減らず、貯まるばかりになってしまったことです。プルトニウムを軍事転用するつもりは全くないジャパニーズだけど、端から見たらどんどん増える核物質を持つ国ってだけで、ただただ脅威になるんだってさ。テロ起こされたら地球規模の大災害だし。で、日本にこういうこと許してたら他の国でもそうしたい国出てくるかもじゃん、より脅威が増すじゃん、と言う話。2017年10月30日、NHKクローズアップ現代」の記事を読んで初めて、「言われてみればその通りだよな」と思いました。日本怖い。

www.nhk.or.jp

 

2018年03月12日、原子力資料情報室所属の方の原発反対に偏向した記事も付けておく。「クローズアップ現代」にはない意見や情報もあるよ。「もんじゅ」は1日経費が5,500万円かかるとか、フランスの高速炉事業も暗礁に乗り上げているとかね。

kokocara.pal-system.co.jp

 

2019年1月22日、逆に高速炉を推進している経済産業省資源エネルギー庁の記事も載せておきます。私、問題は複数視点から見ることが大事だと思っているのです。ただコレ見ると、「準国産エネルギー」や「核燃料サイクル」という呪縛にとらわれている感じがするのよね。誰だよ、「日本は資源のない国コンプレックス」を役人たちに植え付けたのは。重罪だぞ。おかげで柔軟な対応を取れなくなってるじゃないか。

www.enecho.meti.go.jp

 

「準国産エネルギー」って言葉の威力で事を進めて「理論上はできるけどマジでできるのか」「もしできなかったらどうするか」「ヤバいことになったらどれくらい金がかかるか」とかいう見積もりや準備ができてなかったんでしょうね。できると信じた後に残ったのは、問題の先送りと経費ですね。しなきゃ良かったとか言ってられない、結果出さなきゃね。

宙に浮いた使用済み核燃料

原発の使用済み核燃料をどこでどうするのか、と言うのをテレビで耳にしたことがあります。私はてっきり原発がある自治体で保存やなんやらをするもんだと思い込んでいました。ですが実際そうではないようです。「どこでどうするか」を決めないで発電所建てるのは、問題を棚上げにしすぎで浅はかだと思うんですが、まぁ、当時はそんなことは先送りにしてとりあえず建てちまえって感じだったんですかね。先送りにしないと原発建てられなかったのかな。知っている人がいれば当時のことを教えて欲しい。

 

それで日本一原発が多い県と原発大事故があった県、それぞれどういうつもりなのかネットで検索してみた。
まず福井県。2019年6月8日関西電力の岩根茂樹社長との面談が記事になってます。

www.fukuishimbun.co.jp


この記事から福井県知事の発言を抽出すると、「県外で中間貯蔵、処分すること。」という姿勢。散々原発の恩恵を受けている自治体の首長なのに、尻拭いを拒否するのは、なんか、恩知らずだと感じる。関電だって処理場所に困ってるんだと思う。その意図を汲んでくれないのは、え、おいしいとこ取りするつもりかいってなる。(今となっては原発があることはおいしいことか?って言われちゃうけどそこは脇によけておこう)原発自治体以外のどこが処分場を引き受けてくれると思ってるんだろう。教えて欲しい。電力会社と二人三脚するつもりはないのね。変なの。

 

続いて福島県。2019年7月29日、知事の記者会見の内容。

www.jaif.or.jp


この記事から福島県知事の発言を抽出すると、「最終処理場所を福島にしないなら、中間貯蔵施設は作っていいよ。」この記事見ると、福井県知事の恥知らず感が浮き彫りになってしまう。なんてこった。福島県知事は原発事故を起こした自戒の念というか、罪を背負う気持ちなのかな、なんて勝手に思いました。最終処理場をどこにするかは棚上げですけど、覚悟は感じる。

ここで不思議なのが、使用済み核燃料があるのと原発があるの、どちらか一つあるのにリスクとか負担てそんなに大差あるだろうかということ。核物質が県内に存在していることに変わりないのに、原発はあって良くて使用済み燃料があるのは受け入れられないのはなぜだろう。原発は固定資産税がっぽり取れるからいいけど、使用済み燃料貯蔵施設はたいした金にならない、と言うのが理由だったらすごいな。

 

2019年7月30日、こっちの記事だと「絶対に福島県外を最終処分場にします。」って東電が言ってるけど、どこの自治体が受け入れてくれると踏んで言ってるんだろう。原発っていろいろ棚上げにしないと一歩も進まないんですね。それだけはよく分かった。楢葉町富岡町の町長が「廃炉産業の拠点にして地域振興して欲しい。」という発言にはびっくり仰天。なんか、原発のこと毛嫌いしてない上に、まだたかろうとしてるように感じてしまった。なかなか、言えないことだよ。

www3.nhk.or.jp