10/10-15 「天守物語」を観てきた

【10/10-14】

会社行って帰った。12は簿記、13は第九、14は歯を削られてきた。

 

【10/15】

上野へ行って芝居「天守物語」を観てきた。
友人が舞台美術を担当していたのです。
感想。妖怪であっても、この世にいる限りままならないことだってある。

前半は姫路城天守に住んでいる妖怪たちのところへ、遠路はるばる妖怪仲間が訪ねてくる。キャッキャしてる。
後半は姫路城天守に住んでいる妖怪たちのところへ、人間の男がやってきて、富姫(妖怪)といい感じになって、
人間たちに襲われ、負傷するも、何とかなる、という結末。

登場するキャラクターのほとんどが妖怪なのだけど、人じゃないので良くわからない仕草、動作が多々あった。
ある妖怪はずっとうなって貧乏ゆすりをし、大声で動作も大きく飛び跳ねるので動くたびうるさい。
ある妖怪はマリをずっと持っているが、後ろ向きに歩いてくるので必然動きがぎこちない。
ある妖怪は童女設定なのか、常にははしゃぎ、顔に死人がかけるような布を顔に垂らし、ついぞ顔が見えない。
ある妖怪たちは天守から釣り糸を垂らして秋草(植物?)を釣っている。
妖怪みんな死人の首をありがたっているなど。
こういうよくわからないことは「まぁ妖怪だし、これが彼らの普通なんだ」と思えばするっとオッケー。
行動や仕草、趣向の必然性はよくわからない。だって妖怪だから!の一言で説明着くから便利だな。
だって妖怪だから!

キャラクターのしゃべっている言葉が昔の言葉(そうらへば、とか古文をイメージしていただければたぶんOK)なので、
何を言ってるのかよくわからないところも多々ありましたが、いいんです。だって妖怪だから!

役者のテンションや表現力なんかが均一で高く、見ていて楽しかったですよ。
この頃、人々の意見の真ん中というか、妥協点を考えるのがしんどくなってきてて、
「妥協点を考えるのしんどいから世界滅んで。ICBM、大洪水、東京受胎、そうしたらみんな平等だ。」
などと思っていたのですが(明らかにメガテンの影響)、なんだ、妖怪も何でもできてのらりくらりしてるわけじゃなくて、
恋しいと思ったり、目が見えなくなったりするんだな、人と一緒だな、と思うと、
少し気持ちが楽になった気がしました。ままならないのは、人の世だけではない。

あと、友人の仕事だが、彼女の過去作を知っている身からすると「あ、吊るすの好きだな」と思いました。
舞台美術でも、インスタレーション作品でも共通してね。
本当は吊るしてるというのが分からないのが理想なんだろう。
「なんかよくわかんないけど、立ってる、ような、浮いてる、ような」という感じが好きなんだと思う。

見ていてちょっと困ったのが、ある妖怪がメガテンのコッパテングに見えたり、
富姫を見てると「すっくと狐」の小刑部姫がダブったりと、この「天守物語」外のキャラクターが
芝居を観るのに邪魔してくれたことだ。こういう弊害があるとは思ってもみなかった。
あと、有象無象の人間たちの描写にプラスチック?の白い仮面を沢山つるしたもので表現していたのだけれど、
この絵面からアニメセーラームーンのオープニングを思い出してしまい、またしても劇から頭が離れた。
この弊害はいったい何なんだ。もったいない。


終演後は友人と遅めのランチを取り、ソワレ公演を観に来た友人とすれ違い、帰宅した。

 

 

天守物語

天守物語

 

 

10/7-9 京都行ってきた

【10/7】

Revo信者と京都旅行1日目。
二人とも京都のガイドブックを持っているのに二人とも忘れるという事態。

京都駅に着いたらイオンシネマへ向かい、ユーリ4DXを見た。
京都へ行ったのに!まず向かうところが!イオン!オタクゆえ!仕方がないのである!
イオンシネマは4DX紹介映像がないのでさみしかった。

夜はRevo信者たっての希望で池田屋跡「華の舞」へ行ってきた。目的は薄桜鬼コラボメニューである。
コラボメニューを頼むごとに、キャラクターが印刷されたコースターがもらえる。
途中から店員さんも察知したのか、Revo信者へコースターを二人分渡すようになった。

 

【10/8】

昼:ところてん、ケーキ
夜:コンビニのカレー


Revo信者と京都旅行2日目。

まずは清水寺へ。
夜はリンホラへ行くことになっており、Revo信者曰く「ロリータの人もいるよ」とのことだったので、
二人そろってロリータ服を着て行った。
すると外人さん(欧州系白人)に呼び止められ、「写真撮らせてもらっていい!?」と言われた。
「OK」と答えると、外人さんグループがわたしたちを撮りながら「アメージン!」などと言いながら連写した。
なぜか「ビッグアーイ!」と大きい目を所望され、目を見開いた写真を撮られた。
外人さんにロリータは新鮮に映ったんだろうか。ともかく喜んでもらった。
もしかしたら、ツイッターに私の写真が流れているかもしれない。

祇園へ移り、築地というカフェでお茶したり、アリスアンドザパイレーツの服を買ったり、ようじや行ったりして、
この度の本命、リンホラのライブへ行ってきました。

「このライブにきてる人たちの中にはいろんな人がいると思う」
「ちょっと疲れちゃってる人、めっちゃ盛り上がってる人、色々いると思う」
「このライブは、テンションが低い人の方に合わせます」

ライブ中にこんな演説するアーティスト、初めてだよ。びっくりした。
こういうところが、Revo様崇拝につながるのだろうか。
あと、めちゃくちゃMC長かったけれど、総じて下手だと思った。それに驚いた。
しかし、Revo信者によると、そんなところに親しみを感じるのだそうだ。

曲は一度Revo信者にCDを聴かされていたので、ぼんやり覚えていた。
歌詞をちゃんと覚えていないけれど、誰の曲かは分かったので、入り込みやすかった。
ウォール教の曲では手を組んで斉唱したよ。
Revo様がDJする場面があったのだけれど、アーティスト然としていてよかった。いいコーナーだと思う。
あと、ウォール教の曲を聴けばわかるのだけど、ちゃんと勉強して曲を作っている感じがするので、
好感が持てる。絶え間ない転調は、アドレナリンが出る。

というわけで初Revo国家へ潜入してきました。Revo信者に動員招集されればまた行くと思う。

 

 

進撃の軌跡(CD Only)

進撃の軌跡(CD Only)

 

 

【10/9】

Revo信者と京都旅行3日目。
と言っても帰るだけなので、お土産を京都駅でみつくろって、新幹線に乗り込むだけでした。
新幹線の中で魔人デイビットを倒そうとしたけれど、2戦して倒しきれず。
もう東狂を投げてしまうかもしれない。

9/19-10/6 ユーリ4DXを見に行った

【9/19-22】

会社行って帰った。木曜は授業、金曜は第九。

 

【9/23】

群馬へRevo信者とユーリ4DXを見に行ったぞ!
一番最初に4DXの紹介ムービーが流れたのだけど、ユーリ本編よりもこれが一番楽しかった。
映像と4DXの効果(水しぶき、振動、前後の揺れなど)がマッチしていて、ワクワクした。
4DXは、4DXとして作られた映像を見るのが一番だ。

そっからロックハート城へ行ってドレス着てキャッキャしたぞ!

 

【9/24】

たぶんぐうたらしてた。

 

【9/25-30】

会社行って帰った。
26は会社の人と宴会、28は簿記、29は第九だった。
TGSメガテンニコ生を繰り返し見ている。
悪魔早押しクイズのマンマセットや、過去作品メガテンの実機プレイなどが楽しい。

 

【10/1】

一人で群馬へユーリ4DXを見に行った。やっぱり冒頭の4DX紹介動画が一番面白い。
来場特典のクリップ&メモ帳をいただき、映画館と同じ施設内にある楽器屋でユーリのピアノ譜も買ってみた。
試しに弾いてみたけれど、自分のピアノ弾き技術の劣化が激しくて、それと直面することがつらかった。
片手9度が、開かなくて、うそだ、信じたくないッ、って思ってた。

 

【10/2-6】

会社行って帰った。5は簿記、6は第九。

9/17-18 東京行った

【9/17】

天気がおぼつかない中、東京へ行ってきた。
メガテンのコンサートのチケットを買ったり、ユーリ4DXの前売り買ったり、
とらのあなへ初めて行ったり、友人が出演するアカペラのコンサートへ行ったりした。

そう、初めてとらのあなへ入店したわけだが、入った瞬間思ったのが、「肌色ッッ!!!!!」でした。
目的の薄い本と、たまたま目に入ったユーリのスケトラCDを買いました。

アカペラコンサートは、沢山のチームが出場していて、観客がよかったと思うチームに投票するコンテストでもあった。
アカペラって、わたしは経験ないのだけれど、とっても難しいね。
ちょっとでも音程がずれるとすぐにわかってしまう。
一人ひとパートだから、なおシビア。合唱よりシビアだ。

 

【9/18】

昨日購入したスケトラを聴いてみた。
そしたら、ポポーヴィチのSP曲が入っていなくてがっかりした。
アニメ本編でも印象深く描かれていたプログラムだったし、わたしも好きなプグラムだったので残念だ。

あと、収録曲の順番も一言いいたい。
視聴者がアニメを見た時と同じ順番で収録してほしかった。
このCDだと①はなそば②エロス③YOI④アガペ
となっていたけれど、①はなそば②アガペ③エロス④YOI
こんな感じにしてほしい。
その後は中国大会SP・F、ロシア大会SP・F、GPみたいなかんじに。
そんでユリオのEXは抜いて、代わりにポポーヴィチのSPを入れてほしかったよ。
ユリオEXはDVD/BD特典のみにしとくっていう風にしとく。
まぁ、CD売る側の都合があるのでしょうがない。

それから、アニメで見ていた時は気にならなかったが、サマルカンドのようなオケ曲で、
ブラームスのような重い雰囲気だと、音の薄さが目立ってしまっていた。
こういう雰囲気の曲だと、ストリングスが2~3倍はほしい所だ。
曲は愛着あるし、好きなのである。どの曲を聴いていても、みんな楽しい。

 

 

9/9-16 竹下さんはまだ選手なのか

【9/9】

休日なのでメガテンしたり、夜はバレーボールを見ていた。興奮した。
VSアメリカ、白熱した試合だった。

解説の竹下さんの反応が良かったり(ツーアタックへの反応)、新監督が刃物のような鋭さのある人で凛としていたり、
選手の皆さんにミスがあってもガンガン攻めていくプレイにハートが全然負けてないと思ったり、
5セット目にUSAが15得点した時にチャレンジして成功させたり、ブロックが決まり切らなくても何回もブロック跳んでたり、
なんかもう、もえたし興奮した。たまんなかったぜー。負けはしたけれど、日本代表女子、強いぜ。

 


【9/10】

第9の本番があった。ショートバージョンですが、もう、勢いだった。

 


【9/11-16】

会社行って帰った。

メガテンⅣFをしてて、ハレルヤの兄貴に瞬殺され、仲魔は迷子になり、もう、散々だった。
ハレルヤ、ハレルヤに迷子を防止してもらわないと!!!

木曜は授業、金曜は第九でした。初めてワーグナーの「ヘレマン万歳」って曲を読んだんですが、
いい曲ですね。音は高いけれど、歌いやすいし。第九なんかよりよっぽど歌いやすいし楽しいわ。
ほんと、第九は歌じゃない。楽器だ!!

8/29-9/8 内田光子さんを聴きに行った


【8/28-9/2】

会社行って帰った。木曜は授業、金曜は第九。また練習後、発声することができませんでした。

 


【9/3】

メガテンしたと思う。

 


【9/4-7】

会社行って帰った。
火曜は同僚と飲んで、木曜は授業行った。

 


【9/8】

会社行って半休とってキッセイ文化ホールへ行って、小澤さんとみっちゃんのセッションを見てきた。
初めての内田光子さんだった。大学の先輩にみっちゃん信者の方がいらして、
ことあるごとに彼女のすばらしさをとうとうと語ってくださったので、自然と期待は高まった。
また、4日のリサイタルをキャンセルしているため、体調、コンディション等はなどの心配も重なり、
何とも言えない気持ちで会場へ行った。

弦合奏のグリーグは、第1曲目は推進力がありました。
ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラそれぞれのトップがソロを弾いたり、低音だけでセッションする部分があったり、
そんな変化がいいなと思いました。第4曲は、いつになったら着地してくれるんだろう、とざわざわした思いだった。

管合奏のリヒャルト・シュトラウスは、みんな好きなことをしている感じがして、とっ散らかっていたように思えた。
まとまっていないような。でも、ピアノコンチェルトになったら人が変わったように、周りの音聴いて神経使って演奏していた。

休憩明け、みっちゃんと小澤さんがまるで天皇皇后両陛下のように寄り添って舞台に登場。
ここで嵐のような拍手が起こる。まだ!演奏!していません!
演奏が始まる前、高揚感があったのだけれど、これは私自身の演奏に対する期待なのか、
それともみっちゃんが心配でドキドキしているのか、演奏者の緊張がこちらまで伝わってきて、それに飲み込まれたのか、どれだろう。
ピアノコンチェルトは、奏者全員神経使った演奏だったと思います。
みっちゃんは、ペダル踏みがちなんだけど、音が濁ったり混じったりする直前直後くらいに音がなくなる感じ。
あと、それと関連するかもだけれど、音が終わるときを自分の意志で操作していると思った。ppp がいいですね。
カーテンコールが4回はあったのだけれど、みっちゃんのおじぎが最初は90度だったのに、だんだん、だんだん、深くなっていって、心配だった。
ちなみに、退場も登場と同じく、指揮者と連れ添ってでいらっしゃいました。
あとあと、お客さんだけど、今日はウィッグ付けて、髪あげて、ワンピース着て、きれいなジャケットはおって、足首出して、っていう、
おしゃれして演奏会来てる雰囲気が好ましかったです。その気持ちが、いい。

 

シューマン:≪リーダークライス≫≪女の愛と生涯≫/ベルク:初期の7つの歌

シューマン:≪リーダークライス≫≪女の愛と生涯≫/ベルク:初期の7つの歌

 

 

8/16-27 数行ずつの日記


【8/16】

夏季休暇最終日、なのにメガテンⅣFが終わらない。
東本願寺のワープに惑わされいるので、ボス悪魔と戦う所まで行くことができない。残念だ。

 


【8/17】

無事社会復帰完了。あと授業がありました。

 


【8/18】

会社行って組合の金で酒飲んだりお話を聞いたりしていた。
あとユーリのガイドブックが本屋にあったので買ってみた。
曲について作曲者が書いていたり、登場人物のショート・フリーの技構成なんかが載っているのが興味深かったです。
ジャンプの種類を把握したいね。ユーリのせいでまるでスケオタかのようになっていく。

 


【8/19】

早出した。
夜はメガテン楽曲人気投票。
メガテニストとしては若輩者ではあるが、結果発表配信を見た。が、途中で寝落ちした。
ただただ曲が流れて、MCがいないローコストなつくり。
でも、流れるコメントは熱く、感情が伝わってくる。わたしも早く、そんなメガテニストになりたい。

 


【8/20】

休日なのでメガテンⅣFしてました。
やっと東本願寺のワープを理解し、クリシュナの前へ行けたものの、今度はクリシュナが倒せない。
状態異常の笛の音にとてもいらいらした。悪魔を練り直さないといけないようだ。とても憤っている。

 


【8/21-25】

会社行って帰った。
金曜日は師匠に召喚されたので、第9を歌いに行った。7月ぶりに歌ったので、のどの状態がよくなく、
2時間もあんなひどい曲を歌っていたので、練習終了直後はしゃべることができなくなった。発声できなかった。
ほんと、ベートーベン先生はあんな曲作って、全くひどいことをしてくれたもんだ。

 


【8/26】

メガテンしてたと思う。

 


【8/27】

メガテンⅣFしてた。クリシュナを、倒せたよ!
仲魔全員に「地獄のマスク」を継承させた。いやー、金使った。頭使った。

対クリシュナレシピ。

f:id:maruminaburana:20171013230741j:plain