8/6-12 米倉シカゴ行ってきた

【8/6】

ぐうたらしていた。

 


【8/7-10】

会社行って帰った。

 


【8/11】

休日出勤した。

 


【8/12】

夜:肉、ビール

渋谷へ行って、米倉主演ミュージカル「シカゴ」を観てきました。
女囚の話なんですが、とても囚人とは思えない態度のデカさ、図々しさ、そしてほぼほぼ裸の衣装、
突き抜けててなんだか好感が持てました。
主人公は殺人を犯してお縄にかかっているはずなのに、曲も人物の表情もなんだか明るめで楽しそうだった。
登場人物の服はほぼ全員黒、女囚だろうと新聞記者だろうとスケスケシースルー。
でも曲の雰囲気も役者の表情も明るくて、感じがいい。とても囚人の話を題材にしているとは思えない雰囲気だったな。

女囚6人が出てきて自分の犯した罪(主に殺人)の話を歌と動きで語るのですが、
ぬけぬけと「でもあなたも同じ状況だったらこうしたはずよ。」と語るさまは、すがすがしかったです。
スケスケほぼ裸衣装で180度足開脚椅子ダンスを女囚が躍るなんて発想は日本じゃ生まれなかった。

米倉「おい、もっと自分勝手に生きてていいんだぜ?」
私「あ、そーなんだ!」
米倉「その後、何にも残らないけどね!」
私「ですよねー!」

という茶番劇を頭の中で繰り広げていた。

米倉は、もっと浮いているのではないかと思っていたのですが、馴染んでいるうえで浮いていた。
演技はもちろん、英語の発音、踊り、歌、上手でした。
彫りの深い人たちの中で、幼顔の小柄な人が、憎めなくて、かわいくて、愛嬌があって、
という役をやるので浮いていました。ベリーグッドな配役でしたよ。

あと、アップライトピアノ2台対面置きは激熱だった…。


夜は銀座SIXでディナー!いい気分だった!

8/3-5 ボドゲ会した

【8/3】

始発電車で会社に出勤。もうこんな事絶対しない。眠くて、辛かった。休みたかった。
でも休んだら仕事が詰む。なぜならお盆休暇が控えているからスケジュールが詰め詰めなんだ。

退勤後は社会人簿記講座初回へ出席。もうわたしのHPは限界よ。

 


【8/4】

会社行って帰った。

 


【8/5】

夜:パスタ、ピザ

友人たちとダンゲロスボードゲーム会開催。
高校からの友人が、ボードゲームにはまっていて、ダンゲロスも知っていて、本日に至ります。
いやー、初ダンゲロスがこういう形でできてうれしかったなー。フル人数の4人でプレイできたし~。

で、ダンゲロスってボドゲ初心者にもできる、みたいな触れ込みもあった気がするけど、
ボドゲにハマっている友人にとっても、なかなか重い方の部類に入るゲームだった。
1回やれば把握できていくけれどね。

2回プレイして、2回目の決戦では他プレイヤーの3人に見事なぶり殺しにされ、惨めだった。悔しかった。
なぜ集中砲火を受けたかというと、わたしの持っているカードのほとんどが弱かったんですね。
殺しやすいやつから殺していこう、というこのゲームらしさが出た瞬間でしたね。
人気のあったカードは、イズミかな。当たれば必殺。あとぐちょぐちょのエロ本とエロ本。
私が好きだったのはパンダですね。奇襲攻撃でノリに乗っていたら、決戦時に奇襲攻撃無効・反撃を食らい続け、痛い目にあった。

夜は花火大会を見て、実際に手持ち花火をして、ぐうたらして解散しました。いい夏だった。

 

 

7/31-8/2 ペルライ行ってきた

 


【7/31-8/1】

会社行って帰った。

ペルソナライブが迫ってきており、セットリストを妄想したり、
曲をひたすら聴いて感情を高める作業をしていた。
ペルライが終わった後のことを考えると、さみしくてしょうがなかった。
こんなにさみしい気持ちになるくらいなら、明日が永遠に来なければいい、などと考え始める。

 


【8/2】

朝:パン
昼:くず蜜、かつ丼
夜:麻婆豆腐

会社休んで横浜アリーナへ行ってペルライしてきた。
「ライブ終わるのがさみしいから、今日という日なんか来なければいいのに。」
とか思っていたけど、まぁ、行けば楽しいよね。
最後にはちゃんとご褒美(P3D、P5D、PQ2)があったし。
特にP3D。びっくりした。f:id:maruminaburana:20170911000023j:plain
ダンサーさんがペルソナの扮装をしてダンスをしていたのが、なんか上がりましたね。

横浜駅付近でうろついていたのですが、まぁ、ペルソナファンが沢山闊歩してるじゃないですか。
ショッパー下げたり、以前のライブのTシャツを着たりしてね。
今回のライブの目的の一つに、ペルソナ友達を作る、というのがあったのですが、
街中で声をかけられず、そんな自分は意気消沈する。
会場で隣の席になった人と、ホテルが同じだった人には声かけられたけれど、
その場でのお話で終わってしまい、連絡先交換までには至らず、残念。
ナンパ、がんばれ。

7/25-30 布教会とルブラン屋根裏会議ライビュ

【7/25-28】

会社行って帰った。

 


【7/29】

今日は布教会。10時から20時ころまで行っていた。
布教会とは、異なるジャンルを愛するオタク同士が各々の領域の品物を持ち寄り、
その良さを布教する会である。勉強会と言い換えてもよい。
今日のラインナップ。

・ペルソナストーカー?楽部(杉田智和さんゲスト回)
・プリライ4th
・ペルソナ3 The Movie #4
真・女神転生ⅣFinal
・モンハン3DS

今日の参加者は3人。わたしはペルソナとメガテン、後輩がプリライ、同期がモンハンである。
ペルソナストーカー倶楽部では鳥海さんの話題が出るし、プリライにもペルソナ3にも鳥海さんいるし、
なんだか1日鳥海さんだった。

プリライは気になっているジャンルだったので、興味深かった。
参加メンバーが多いから、ライブ時間はもちろんMCが長い。
プリンセスの忍耐力はすごい。というか、プリライが好きという力がすごい。
わたしにはプリライにのめりこめる才能はなかったようだ。
でも、なんだか行ってみたいライブだった。

モンハンは、難しいね。アクションになれていないのだよ。
でも知識と経験の習得として、何かしらのモンハンはやっておいた方がいいのかとは思う。たしなみとして。

 


【7/30】

要約筆記の授業に行って、高崎までペルソナ5イベントのライブビューイングを見に行った。
主人公級の役者が8人もそろうのは、ほぼあり得ないことなので、物珍しさもあって参加しました。

声優のイベントって、やることと言えばトークとゲームと朗読劇くらいしかないのだけど、
まぁ、朗読劇のぞいたらくだらないことじゃないですか。
そのくだらないことを、いかに面白くするか、笑わすことができるか、
という事に長けた人々が登壇していたので、笑わされました。
流石、主人公が8人いるだけはある。一流の声優ってすごいな。
戸松遥さんを初めて見たのでしたが、あのようにコミカルな方だとは存じ上げなかったです。
で、ペルソナ5アニメ化発表~。どんどんぱふぱふ。1年クールでやってほしいですね。
声優があの顔ぶれだと、声優に予算がかかって大変そうですね。
それでも回収できると踏んでアニメ化Goしたんでしょう。大ヒット祈願いたします。
流行りますように。じゃないとアニメ化にかかる経費が回収できない。

 

 

7/22-24 パトってマンガ読んだ

【7/22】

会社行って帰った。

 


【7/23】

早出して授業行って帰った。
久々に真・女神転生Ⅲマニアクスクロニクルエディションをしていたのだけれど、
まぁ、雑魚に背後取られてパトりました。ひどい。こんなの事故だよ。交通事故だ。

 


【7/24】

会社行って帰ってマンガをいくつか買ってきた。

表紙が大正時代の雰囲気を醸していたので「天堂家物語」1巻、
高台家の人々」最終巻、「吸血鬼と愉快な仲間たち」1~2巻を購入しました。

「天堂家物語」は、よくある身分違いの恋なのかと思って甘く見ていたのですが、裏切られました。
身分違いで恋をしようとしているのだけれど、主人公の超絶技巧の数々に笑わされました。
一番よかったのが蘇生術ですね。彼女の手にかかればどんな人でも蘇生すのではないでしょうか。
この漫画は少女漫画、というか、漫画のお約束を破っているところがいくつかありまして、
それが面白さにつながっています。
例えば第1話、ヒロインが暴漢に襲われているシーン、お約束ならヒーローが来て助けるじゃないですか。
ヒーローが駆け付けた時にはヒロインが暴漢を制圧した後でした。笑いました。
それから1巻の最後の話では、ヒーローがヒロインの家を燃やします。
ヒロインを自分の家に住まわせるためです。頭おかしい。
ブラコンの叔母も少ししか出番がないのに気持ち悪いし、見所がいろいろありました。
試しに1巻のみ購入したのですが、後日既刊分を購入するのは決まりました。


高台家の人々」最終巻はがっかりしてしまいました。
前の巻で主人公たちは結婚して、まぁうまくまとまったので、他のケリが付いていない
高台家の人々にケリをつけてくれるのかと思いきや、触れはしたけれど、放り投げ気味でした。
作者にとって、主人公たちしか大事じゃなかったのかと思うと、残念です。
主人公周りの人々も生きているのだから、もう少し丁寧に妹弟の結末を描いてほしかったです。


「吸血鬼と愉快な仲間たち」は、吸血鬼という題材、表紙には野郎が2人、作者は羅川真里茂さん、
確実に濃いめのBLだと確信して購入したのだけれど、全然違いました。
吸血鬼と人のハートフルコメディでした。
こうなった要因は主人公の吸血鬼の生体のせいだな。
半日人間で半日蝙蝠って、面白いし、なんか蝙蝠はかわいげあるし、コメディにしかならないよ。
ばかばかしいんだけど、なんかいい感じがしますよ。

 

天堂家物語 1 (花とゆめコミックス)

天堂家物語 1 (花とゆめコミックス)

 

 

 

7/21 黒革の手帖を見た

【7/21】

会社行って帰った。
夜に録画した「黒革の手帖」を見ました。
いや~、武井さん、いいですね。
もうイオンのCMなんてできないんじゃないかしらっていうくらいいやらしかったです。
原口元子ってキャラクターが生き生きしていてとても楽しく見させてもらいました。

黒革の手帖」って、ピカレスクなので、結末は主人公の破滅なんですよね。
破滅するまでは、自分勝手に、思いのままふるまって、人を地獄へ落としていく。
その様が突き抜けていて、かっこよく見えるんです。

今回の原口元子は、派遣社員の銀行員(派遣の行員なんているのかは置いておこう)で、
コネ入社の社員の失態をなすりつけさせられて、契約切りになることになった。
それがきっかけで横領することになったんですが、この流れが丁寧だな、と思いました。
まあ、横領する準備は常日頃からしていたんだけどね。
それと、元子の幼少期の映像も少し流れて、この映像によって、
なぜ元子が金に執着するのか、という点も補強されていてよかったです。

それから、今回の見せ場は何と言っても送金場面なのですが、超地味!
なぜならただテンキーでひたすら打ち込むだけだから!でも激熱!
主人公の心拍数は爆上げですからね!緊張が画面から私に伝わってきた。
送金中、同僚に声かけられた直後のしぐさ、目線なんかもよかったです。いい演技だった。

あとあと、高畑淳子さんもDr.北野次長も素晴らしいですね。
高畑さんの高圧的な態度、ただ通帳を投げつけてるだけなのに、すごくよかった。
どんなキャラかするっと入ってくるね。次回からあなた、地獄行ですからな…。
次長と元子のカフェシーンや支店長室でのバトルシーン、
次長役の人が上手くないとこのシーンは面白くないんだな、という確信が持てました。
Dr.北野次長は素晴らしく上手かった。

7/18-20 ライドウドラマCD聞いた

【7/18】

会社行って帰った。

 

【7/19】

会社行って帰った。
今日一番驚いたのが、白鵬が御嶽海に負けたことです。
正攻法で勝っていたし、宙に舞う座布団の枚数が途方もなかった。

ライドウのドラマCDを聞いた。
杉田さんのこういう声色、ちょっと珍しいかも。落ち着いてていいね。
14代目の学校行きたいアピールがとてもかわいらしいです。
ライドウの仲魔は全員楽しそうでいいですね。かしましい。
ヴィクトルが何かを説明する場面では、お宝鑑定団になったかと思ったぜ。
鳴海さんが金にならない仕事をしていた。
鳴海探偵社はライドウ含め、もっと金取っていいと思うんだけどな。
屋敷内の金庫そんなすぐに調べて報告できるなんてすごいなとか、
金属の配合見て金の偽造してるってわかんなかったのかしらとか、
なんで片目の神様を祭っていたのかとか、荒いところはあった気がするけれど、
ちゃんと事件追って、デビルサマナーしていたストーリーのつくりに好感が持てました。グッド。

 

 

 

【7/20】

会社行って帰った。
今日一番驚いたのが岩村田高校野球班が県大会ベスト4に残ったことです。
勝戦岩村田駅をはさんで南北対決、なんてこともあり得るのかしら、と思ったらなんだかいい気分です。
高校野球ってどうしてこんなに注目度が高いのかしら。