5/16-30 カリギュラOD始めた

【5/16-30】

会社行って、カリギュラODとP3DとP5Dが発売されたので購入して、歌のレッスン行って、
職場の人と飲み会して、映画コナン見て、flowers買って、結婚式二次会の幹事お疲れ会をしました。


2週間のうちに3本も買うソフトがあるというのはなかなか痛手だが、しょうがない。やりたいゲームならしょうがない。

とりあえずカリギュラODを始めた。

 

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

 

 

バトルがよくわからなかったけれど、わかっってきた。
出す技を決めて、技出すタイミングも決めて、そうするとシミュレーション動画が流れて、OKすると実際の攻撃になる。
シミュレーションでは決まっていた攻撃が、ステータスの素早さや命中率の高さにより実際には外すこともある。そんな感じ。
4人パーティで近距離、中距離、遠距離の仲間をうまいこと組み合わせて戦います。
なんだかんだ、ずっと使っているせいか、ダンジョンで拾うポイントを全部突っ込んでいるせいか、
主人公が一番使い勝手がいい。火力があって、中距離だから攻撃も食らいにくく、カウンター攻撃もある。
あと長距離の笙悟、槌使いの美笛ちゃん、ガード外しも持ってる槍使いの鈴奈ちゃんあたりがいいです。
総じて近距離のコタローやショータアオイなどは使いずらい。すぐに攻撃くらいがち。
空中に上げる技と空中でヒットする技、ダウンさせる技とダウンの時に使う技、
積み上げたリスクから攻撃力が高い技につなげるなど、いいコンボができるといいんだけど、大体銃の打ちっぱなしで勝ってる。
それからバトルを続けていくと、技ゲージのようなものがたまって、必殺技が出せるようになるので、
楽士とのバトルの際はこの必殺技用ゲージをパーティで2~3人くらいマックスにしてたたいています。
難易度イージーだし、今のところ余裕で勝てています。
ダンジョンでは曲が流れているのですが、倒すべき楽士の作った曲で、ダンジョンごと楽士が変わるに伴い、曲も変わります。
ダンジョン探索中は伴奏のみ、戦闘になるとボーカルが入って、ちょっと高まります。
楽士はクチナシさんまでたどり着いてますが、今のところお気に入りなのはstorkの曲です。絶叫感がいい。

物語冒頭、帰宅部という陣営に入ったけれど、敵対する楽士陣営にも密かににスカウトされ、
本物の二重生活をしている。相当ヤバい部類の綱渡りをしている。学生と黒の教団なんてもんじゃない。
警察とキラくらいの勢いで危ない綱渡り。今の時点ではどちらに与するか、宙ぶらりんなのですが、
いずれはどちらかを選ばなければならないので、その際、裏切った方の陣営にどんな罵声を浴びせられるか、どきどきです。
あ、でも、正直、楽士の方に傾いてはいる。
ソーンちゃんは一緒にお風呂に入ってくれるし、スイートPはめんどくさい中間管理職を買って出てくれるし、
トークも少年ドールも自分の欲求やこだわりに素直だし、割とこの人たちといたら安らいでいる。
帰宅部は、実は瓦解の恐れがあって、その種がいくつもある。
鼓太郎を異様に下げるメンバーの発言や、男嫌いの女、社長、更に序盤には「あんたがいないと帰宅部は成り立たない」
とまで信頼を置いていた琴乃までもがその一つである。
そして極めつけは主人公のスパイ、敵対行為ときたもんだ。こりゃ瓦解するっきゃない。
それから帰宅部にいるとギスギスした感じで居心地が悪い。あんまり他人に協力する気ないんだよ。
とりあえず自分が現実に帰れればいいんかね。
そんなわけで、ストーリーは今後も期待。


余談ですが、草間弥生さんのことを指しているのかと思った。現代病理って何でもあり。

f:id:maruminaburana:20180716204137j:plain

一つショックだったのが、マップについてで、
右下に小さくしか表示されないもんだと思ってたら□ボタンで大マップになった…
ショッピングモール広すぎてしんどかった…もっと早く気が付きたかった…

f:id:maruminaburana:20180716204011j:plain

 

コナン映画は相当ツイッターでにぎわっているのを見たり、同僚も「すごい良かった」と言っていたので、
見てきました。安室の女になれて満足です。コナンの映画は毎年面白いので言うことなし。


麗しのヴァンパネラがいたので連れてきました。

f:id:maruminaburana:20180716204217j:plain


和月先生も映画や宝塚の後にるろ剣を書き始めたから、こういう風に原作者の創作意欲を掻き立てる流れはたいへん好ましいです。
それはともかく、アランの顔が柚香さんに寄っているように感じるのは気のせいだろうか。

f:id:maruminaburana:20180716204239j:plain


どっちでもいい。どっちも本物だからな!それにしてもグッチのような柄のジャケットだな。
一般人には着こなせないよ。内容としては、なんとアランの復元を目指すらしい。
40年も寝かせた甲斐のあるシナリオですね。舞台も現代になってるし。
40年エドガーは何してたんじゃい、と言うのにも立派なアンサー。
「アランが消滅したのがショックすぎて寝てた」なんて、深い愛なんだ。もうそのままでいてくれ。
自分の半身のようにお互いのことを思いあっていてくれ。

もっと言うと、先月号の予告カットが麗しかったのでそちらも載せておこう。

f:id:maruminaburana:20180716204300j:plain

5/1-15 「あかねさす紫の花」観て英雄ポロネーズを弾いた。

【5/1-15】

会社行ったり、友人の結婚式二次会へ行ったり、歌とピアノのレッスン行ったり、飲み会あったり、
コシファントゥッテ観に行ったり、あかねさす紫の花ライビュ行ったり、P5コラボカフェ行ったり、ピアノの本番したりした。


結婚式二次会の幹事だが、相方の幹事が細かい所の準備を沢山きめ細かくしてあり、圧倒された。
二次会にしか出ないメンバーもいるので、その人たちからのメッセージを集めたり、
二次会の写真集を作ろうとしたり(実際作ってしまった)、台本を考えたり、席順を考えたり、もうすごい。
私がしたことなんて筆記用具と集金用の箱を持ってきた位である。なんて差だ。
ビンゴしたり、写真撮ったりしていたらあっという間に終了時間だった。
久々に会う友人たちもいたけれど、全員と話しつくすことはできず、残念でした。


須坂までコシファントゥッテ観に行きました。オペラを通しで見るのは初めてです。
役が付いている歌手はプロの人で、合唱はアマチュアの人たちだったようです。
デスピーナのアリアいいですね。同級生が試験で歌っていたぶりに聴いて、歌いたくなりました。
ただ、合唱団の動きだとか登場の仕方だとかが、舞台映えしないというか、ぱっとしない感じだったので、
まだ良くなる感じがしました。演出の仕方を、他の公演観たりして参考にすればきっとより良くなる。


あかねさすのライビュは府中まで観に行きました。観に行こうと決めたときには、
新宿や池袋など主要な駅に近い映画館のチケットは完売済みであった。
会場は私が生涯今までで入った映画館の中で恐らく一番多くの人が入れた場所だった。1000人くらいかな。ちなみに満席です。
何であかねさすをわざわざと府中までライビュ見に行ったかと言うと、何回も再演されてる演目という事、
ポーの花組という事、信仰している柴田侑宏&寺田瀧雄コンビの作品という事の3点です。
感想、最高に心に響いた演目だった。

主人公は天皇である兄に自分の嫁をとられてめそめそしているところ、10くらいに育った自分の娘に会って、
その子が歌った歌にかつての自分と元嫁を思い出して感極まってしまう場面なんか、ほんと素晴らしい。これは感動する。
公演の冒頭に、幼少期の主人公たちを書いておいたおかげで、見てる方にもグッとくる本になってました。
あと、柴田先生はしばしば感情やキャラクターの関係性を踊りで示す脚本を書いており、今回もありました。
何回見ても、グッとくる。感情を踊りにするってのはこういう事ね。3角関係を踊りで表していた。素晴らしい。

ショーのサンテは、久々にショーを見たもんだから、とても幸せな気持ちになりました。
あのキラキラでド派手でテーマ曲を冒頭と最後に歌って幕と言うのは、爽快感がありますね。好き。
ただ惜しいのは、あっという間に終わってしまうことだ…さみしいよ…。

 

 この公演の映像が見つからなかったが、なぜかこんな商品があった。


ピアノの本番は、英雄ポロネーズを弾いたんですが、3月の本番よりは、よかったです。
自分の感情と言うか、この部分をこういう風に弾きたいんだ、と言うのを出しつつ、ミスタッチを沢山し、
ピアノ(ベーゼンドルファーだった)の特徴を弾きながら感じて、弾くときにそれを頭に入れてタッチを調整して、
冷静に弾けました。久々に、楽しく弾くことを意識した本番でした。ちょっとだけ、楽しかったです。

聴きに来てくれた友人いわく、観客が好きな曲だから、うなずきながら聴いてる人がいたよ、と言ってくれてうれしかった。
次の本番もがんばってこ。夜は友人とシアトルで夕食!サイコー!

4/16-30 まゆたん

【4/16-30】

会社行ったり、布教会したり、ピアノのレッスン行ったり、友人の結婚式二次会の打ち合わせをしたり、
軽井沢アペリティフのイベントへ行ったり、テノールのコンサート行ったりしていた。


布教会ではユーリを見てました。


ピアノのレッスン、この先生の所へは5年ぶりくらいに行ったのだけれど、相変わらず熱くてびびった。

先生「あなたは昔の自分の亡霊にとりつかれている!今の自分でいいのよ!!」
わたし「????」

こんなかんじ。
楽譜に書き込まれているクレッシェンドとか、マル印とか、そういうのばかりにとらわれるな、と言いたかったみたいです。
大学時代はとにかく曲が弾けないとお話にならないので、書いてある音を出せるようにしていたのだけど、
そのかわり、曲から感じる熱とか、美しさとか、かわいさを感じて、ピアノで音にしようとしてこなかった。
簡単に言うと、感情をこめて演奏してなかったことを先生に指摘され、ちょっと涙が出た。
ごもっとな話で、ずばり図星だったのです。あと、ちゃんと演奏を聴いてくれた先生に感動して感謝した。


結婚式二次会の幹事を任されたので、もう一人の幹事と新婚夫婦と打ち合わせ。
高校の同窓会化のような状態になることが想像され、今から楽しみである。
ただ、幹事をしたことがないし、当日忙しそうでちょっとどきどきしている。
でも相方がきっちりしている人なので、相当安心と言うか、気を抜いている。


軽井沢アペリティフは、明るいうちからシャンパンやロゼ開けて、つまみをつまみながら楽しむイベントでした。

f:id:maruminaburana:20180716125337j:plain

f:id:maruminaburana:20180716125302j:plain


フランスではこういう食文化があるよ、という事だったけれど、全然ピンとこなかった。
来ている人たちも仕事関係げ来ている人ばかりのようで、そこかしこで名刺交換が行われていた。
ここで驚いたのが、まゆたんこと、漫画家の新條まゆさんが会場にいらっしゃったこと。
彼女はインテリアのデザインや家具の販売、貸出なんかを副業にしているらしく、この会場の置物なんかを依頼されたそうだ。
例えばシトロエンバス。

f:id:maruminaburana:20180716125228j:plain

すごい。すごい趣味だ。
ちょっとだけお話もできてとてもうれしかった。ヴィトンジャケットにヴィトントートバックなことを指摘すると、
「ヴィトラーなんです」とのこと。一般人には縁のないラーだ。初めて聞いた。
快感フレーズや愛俺を読んでました、と告げると、とても喜んでくださって、あ、新しい作品も読まなきゃな、と思いました。
来ている人たちがどう考えても地元民ではなく、会社経営してそうだったり、都会の雰囲気の人の中でパーティって言うのは、
気が引けてビビッていたけれど、まゆたんのおかげで、かけがえのないのない思い出になりました。楽しかった。


テノールのコンサートは、カフェみたいな小さいスペースで行われたのだけど、
ピアノの調律が残念で、こんな音でピアニストも歌手もいいんかい、などと思っていた。

4/1-15 「憂国のモリアーティ」読んだ

【4/1-15】

会社行ったり、新入社員が入ったり、歌のレッスンに行ったり、2年ぶりくらいにピアノの調律をしたり、
P5Aが放送開始したり、宝塚「ポーの一族」ブルーレイが届いたり、「憂国のモリアーティ」を読んだり、
アニメ「カリギュラ」を見たり、7月の発表会のためにお願いした楽譜を送ってもらって読んだり、
ガンダム00」続編の情報が出たり、地元の合唱団の演奏会へ行ったりしました。


ブルーレイが送られてきて、その日のうちに鑑賞会を開催しました。
改めて見て、宝塚「ポーの一族」が完成され洗練されていて、
ヅカ百年余りの歴史はこの公演を地球に存在させるためにあったのかと夢想してしまうほどです。
地球って言うか、世界であり、宇宙であり、銀河であり、この世。
衣装にセットに役者の容姿と花組全体の歌のうまさなど、演目とすべての条件がマストなタイミングで見ることができたと思う。
今この時に生があってよかったと思っています。

 

花組宝塚大劇場公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 [DVD]

花組宝塚大劇場公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 [DVD]

 

 


ピアノの調律って、1回につき1万円ほどするので、年に1回するべきものも、つい渋っていたのですが、
ピアノの練習をしていると音の狂いが気になって練習に集中できないので、調律をお願いしました。
そうしたら、まるで違う楽器かのように音が変わって、驚きました。
こう、きらめくような音になってしまって、とっとと調律しとけばよかったです。
ちゃんと調整できてる楽器で練習しないと、弾き方も確立していかず、いい練習にならずただ指の動きの練習だけになってしまうので、
やっぱり調律は大事ですね。ピアノは耳を使って弾くものですから、ちゃんと正しい音が出る楽器でないと、耳の訓練にならないし、
ひいては演奏のレベルも上がっていかない。


漫画「憂国のモリアーティ」は、デスノのライトくんや、ギアスのルルーシュみたいな物語なんですが、
彼らよりもこの主人公は冷静ですね。最初から自分の破滅を想定して動いているのがその証拠です。
ピカレスクロマンに分類される話ですし、読者にとって主人公の破滅はすぐに想定されることなのですが、
多くのピカレスクロマン主人公は破滅することを想定して動かないことがほとんどなので(なぜだ)、ちょっと新鮮。
冷静な主人公のおかげで読者としてはドギマギせず読めてありがたいです。
読むほうはやっぱ主人公の気持ちに引っ張られちゃうからさ。
モリアーティの破滅と言えば、ライヘンバッハの滝。1話の冒頭で既にその場面は描かれているので、
ぜひとも連載を続けて、きっちりこの破滅まで描き切っていただきたいです。

 

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

 

 

新鮮と言えばも1点。エマとかゴッチャとかDグレでぼんやり19世紀末イギリスてのを見てきたけれど、
ああいう風にキラキラしているところがあるなら、もう目も当てられないくらい貧しい人たちが沢山いて、
領主と小作人ていう関係を続けてきたおかげで、蒸気機関車が走ったり大きい布製品工場が出来たりしたんだよな。
ぼんやりとしか貴族と平民を考えていなかったけど、はっきりと「格差やべえ」と描いてくれたのは新鮮さがありました。

主人公一派は絶対に仲間割れで瓦解しないでほしいですね。ユダは絶対になしだ。
こう私が思うのは、ゴッチャのせいです。ユダだけではなく、敵の固定観念さえもひっくり返してくれたから、なお更残念だった。
いい漫画だったのよ。でも、おしかった…。
読者にやきもきさせておいて、「あ、それ無かったことになったので」なんて言われちゃ、もう、気持ちの持って行き場がないし、
なんでこの本読んでたのかとか思っちゃうし、作品に対する気持ちも激減するから、ちゃぶ台をひっくり返すのはホントに悪手。
急展開だったらいいってもんじゃないのよ。

 

ゴッドチャイルド (1) (花とゆめCOMICS―伯爵カインシリーズ)

ゴッドチャイルド (1) (花とゆめCOMICS―伯爵カインシリーズ)

 

 

それと、読者には、敵方シャーロックと主人公のどちらにも興味を持ってもらわないといけないので、
そのバランス調整みたいなものが大変そうだと思いました。敵対する者同士、両方魅力的に描かなきゃね。成功していると思います。
どちらの陣営も応援したくなる。

勢いあまってjumpSQ最新号を買ってしまったんで、その感想になりますが、
何で悪役は自ら悪役だと名乗ってしまうのでしょうか。正体バレないほうがいいに決まってるじゃない。
でもさ、悪役が自信満々に悪い顔で悪役です宣誓しているの、超カッコいい。

余談ですが、わたしは「兄さん」と呼びかけることに大変ときめきを覚えていまして、
その理由はギアスのロロのせいだと思うんです。あと、セーラームーンRのデマンドとサフィール
だからモリアーティ3兄弟のいちゃいちゃしている場面がとても心にしみます。
いや、たいしていちゃいちゃしてないんですが、ただ会話したり、会話の中で相手をいつくしむ表情が見えたりすると、
もう、たまりませんね。尊いコールが止まりません。ずっとそうしててくれ。


友人の伊藤君が作った曲を7月の発表会で歌おうと思って、楽譜を送っていただいて読んだのだけれど、
この曲を聴いたときはもう、目も当てられないくらいぐしゃぐしゃに泣いていたのが頭に刷り込まれていて、
曲を読みながら泣くのをこらえて、でも涙が反射で出ちゃってろくに音取りができないという状態になってます。
とっとと練習してくれ、わたし。


地元のアマチュア合唱団の演奏会へ行ったのですが、指揮はすごくたくさんの指示を出しているのに、
歌の方がその指示を丸きり、ほぼ無視しているので、指揮の通りの音が全然流れてこないんですよ。愕然としました。
どうしてこんな悲しい状態になっているのか、唖然としてしまいました。
指揮者を信用して音楽作ろうぜ。自分たちの技量じゃ技術が伸びていかないから金払って指導してもらってんでしょ。
払った分の金に見合う技術を身に着けようぜ。それが出来なきゃ悲しくてむなしいよ。

3/12-31 ピアノの本番は怖い

【3/12-31】

会社いってピアノを弾く日々です。

あとは、組合活動で久々に朗読をしたり、焼き肉行ったり、ピアノの本番があったり、
居酒屋行ったり、無尽ブラスを聴きに行ったり、ポーの一族ライブビューイングへ行ったりしました。


ピアノの本番なのですが、もう、ガッチガチに緊張してしまって、手は冷たく汗の量もすごく多く、
おかげさまで自分の想定をはるかに下回る出来の本番となってしまい、大変残念でした。
曲はモーツァルトピアノソナタト短調第一楽章でした。
こんな本番を迎えるために、毎日ピアノ弾いてたわけじゃないのになぁ。
細かい部分が全滅でした。モーツァルトを本番に持ってくるのがいかに大変か、身に沁みました。
終演後は恥ずかしさのあまり、ダッシュで会場を後にしました。

次の本番が決まっているので、またそれに向けてがんばって練習をします。くじけそうだけど、やるしかない。

2/11-3/11 ポーの一族と山梨シンデレラ

【2/11-3/9】

会社行ってピアノ弾く日々。

ボーリング行ったり、歯医者行ったり、母校の書作展や卒業演奏へ行ったり、
友人が舞台美術を担当している舞台を見に立川まで行ったり、MINIと別れたり、
退社する同僚を見送ったり、ゆっこただと居酒屋で飲んだり
山梨で髪を切ったり、カラオケでボドゲをしたり、山梨まで譜めくりストしにいったりしました。

 

【3/10】

東京宝塚劇場へ「ポーの一族」を観に行きました。
感想。世界で一番美しいものを見てしまったかもしれません。
漫画「ポーの一族」の存在は知っていても、すごいという評価しか知らないので、
こんなにすごいすごいと言われている漫画が元なら、きっと面白い舞台になっているはず、と思い行きました。
主人公が美しすぎる。漫画原作の美しいとか、きれいとか、そういうのがそのまま、それ以上でした。
明日海りおさんの女優人生、これが間違いなく代表作でしょう。

 

花組宝塚大劇場公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 [DVD]

花組宝塚大劇場公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 [DVD]

 

 

 

【3/11】

山梨へ山梨シンデレラを観に行きました。
今回は泣かないで客観的にみられるかな、と期待していたのですが、開始20分から終演後まで泣き続けてました。
もう少し、客観的にこの舞台を楽しみたいです。
この山梨シンデレラが、今のところ再演予定がないとのことで、さみしくはありますが、
必ずこの冬眠してしまったシンデレラを目覚めさせたいなぁ、と思いました。それまで、おやすみ。

cinderella-and-rats

2/4-10 オリンピック開催

【2/4】

Revo信者と軽井沢デート。ハルニレテラスいって、その後スケートしてきました。

 

【2/5-9】

会社いってピアノの日々。

ミルキィホームズが解散宣言をしました。さみしくもあり、よく10年も活動してきたなあと感心しました。
ラストイヤー、楽しんでいこう。

また、ヴィオラスペースの案内が届いた。今年はヴィオラコンクールの年。
なんと本選ではヒンデミットの「白鳥を焼く男」が課題曲になっているではありませんか。
ヒンデミットが大好きな私としては、とても楽しみです。2時間この曲を耐久できるだろうか、わくわく。

それからダンゲロス1969の漫画化のニュースも見ました。
「1969の漫画化ですか?全然できると思いますよ。」といつぞやのインタビューで答えられていた
横田先生ご自身が漫画を描いてしまうとは、思いもよりませんでした。
でも、引き寄せていたんでしょうかね。
久しぶりに「プロ魔連」とか「革マジ」の単語を見ると頭がくらくらしてきます。

 

ダンゲロス1969

ダンゲロス1969

 

 


オリンピック開催!

 

【2/10】

天使とパンケーキを食べる旅。