wanshannan’s diary

ドラマ、映画、ゲームの感想を中心にその他のことも書きます。

2022.10/6-10 ペルライの話

【10/6】

俺は勉強に救われている。勉強を少しでもすると、俺が普段クソだだ思っていることが、学問によってクソであると肯定される経験が積み重なっているからだ。おれは一体どんな勉強をしているんだ。おれがかつて、ジェンダーに興味がなかったのは世界が平等であると思い込んでいたからである。おばかですね。でも、それは人のいうこと素直に聴いていた証拠でもあると思うんだ。

 

【10/7】

大きな行事がある。23時くらいにやっと落ち着いた。

 

【10/8】

ペルライのため移動。バスに乗ってたんだけど空をずっと眺めてて、雲の流れが独特で3層に分かれてて、それぞれ受ける風の影響が違う。よって隣り合った層が真反対に流れていくし、層ごと雲の形が違う雲に奥行きを感じる。これが秋。
で、ペルライ。P3とP5Rがメインの構成。あと異聞録のDJね。新作発表はなくとも新規絵はくれる優しさを感じた。日々あーだこーだいうても、圧倒的な幸せを前にしたら他のことは本当にどうでもよくなる。幸せを享受できたので心がいっぱいになるから他のことが入る余地なしね。国技館公演から、3年も待って待ってやっと体験できたことに涙が止まらなかった。やっとP5Rの曲を現場で聴けて、明智の実体がそこにあるかと思って、P5Rの主人公だった私はずっと涙を流し続けていた。P5Rラスボスに浸ったあとP3のラスボスに浸るだなんて無理なんだよ。気持ちがそんなすぐうつれない。まじ明智明智はいつまでたっても俺を傷つけ続ける。

 

 

 

【10/9】

ペルライ2日目。P4とP5Sを中心にした構成。DJは罪罰。マヤ姉さんのインスト曲が大好きなので、現場で聴いて涙流しながら聴いてた。P4とP5Sって構成はハッピーですね。健康的。True Storyのオタ芸同級生とか、Deardevilとか、幸せと元気でいっぱいだったよ。友達がアイドルしてたらオタ芸くらいするだろ!?P5S2やりたいすなー。
自宅へ着いたのは深夜で、落ち着いたのは3時頃。でも充実でいっぱい、だなあ。オタクな自分にしてくれた世界、ありがとう。

 

【10/10】

昼:サンドイッチ

お別れの日。静信の解像度が深まった1日だった。幼い頃は敏夫が大好きで、多分即物的だったんだろうね。静信に対して何の感想も浮かばなかったんだけど、歳をとってくるとどんどん静信に対して共感というか、生っぽいなというか、人っぽいと言うか、親しみに似た気持ちを感じるようになってくる。主上は坊主の知り合いがいたのだろうか。周りから見られる自分と、自分しか知らない自分というのは、一時は両立していて、その往復に消耗してしまうものだと思う。一方、おれは、自分しか知らない自分な部分なんて、ほとんどないっすね!!!!!!