7/1-15 映画を見ていた

【7/1-15】

映画「娼年」を見たり、他の映画を見たり、サッカーみたり、会社行ったり、歌の本番があったり、飲み会したり、日曜美術館を見たりしていた。


歌の本番は、まあまあの出来でした。歌詞は間違えたけれど、あんなもんだろう。
共演してくれたピアニスト、フルーティスト、ありがとう。


娼年」は別の記事に書きました。とてもいい映画でした。
それ以外に、たくさん映画を見ました。まずは「花芯」です。

 

花芯 [DVD]

花芯 [DVD]

 

 

戦前戦中の日本が舞台で、主人公が旦那がいながら不貞行為をして、不倫相手とも別れて一人になる、というあらすじです。

まず、林遣都を目当ての立場でこの映画を見ると、全然だめです。
だって、林遣都が旦那なのに不倫する理由が全然ないじゃん。旦那が林遣都だったら、それだけで満足だよ。
わたしは林遣都に興味があるのに、林遣都に興味がない主人公に感情移入できるわけがありません。


自分の感情は置いておいて、主人公が旦那に興味がないのには、もう少し理由付けがほしかった。
親の決めた結婚とか、従軍逃れで今の職に就いているとか、それだけであんなに興味なくなるものだろうか。
不倫相手とか画家崩れとかには積極的に行くのに、なぜ旦那とのセックスにはあまり価値を感じないんだ。不倫相手のどこにひかれたの。わかんねーよ。
セックスに興味があるなら旦那を使えよ。あんなにラブコールしている林遣都にはラブで返そうぜ。
不倫相手とも一度したら終わりだしな。何を求めていたんだこの主人公は。


あと、一つ一つのことをもっと楽しめよ。人生楽しめよ。無感動になるなよ。幸せ作れよ。
娼年」のリョウくんを見習えよ。そう主人公に声をかけたかった。
でも言葉が通じないかもしれない、届かないかもしれない。のれんに腕押しという言葉がぴったりな映画かな。

それといい曲だからってジムノペディ使っちゃだめ。いい曲だから全部サティになって映画の印象が消える。


次も映画「ST 赤と白の捜査ファイル」です。

 

映画「ST赤と白の捜査ファイル」 [DVD]

映画「ST赤と白の捜査ファイル」 [DVD]

 

 

連ドラからの流れで映画も制作した作品です。
私は連ドラを見たことがないので、拾えないネタがいくつかありましたが、
刑事ものですのでそれほど困ることはありません。本筋を楽しめます。
ただ、刑事物として可もなく不可もなく。それ以上でも以下でもないという感じでした。
連ドラファンが見ると楽しい作品だと思います。


しかし藤原竜也さん、めずらしくいい役なのに、変なキャラ立てをされていて、
彼はこんな役じゃなくてもちゃんと演じられるんだから、そういう仕事が来てもいいのにな。
瀬戸朝香さんもそう。仕事ができる切れ者の女上司って、もう演じ飽きただろうに。
安達祐実さんは、小さくてかわいくて演技が上手な役者さんですね。


それからWebドラマ「パーティーは終わった」です。

 

パーティーは終わった レンタル版

パーティーは終わった レンタル版

 

 


漫画家の主人公がイケメンたちとラブロマンスをするオムニバス形式。
毎回イケメン俳優と恋に落ちます。金のかかってないドラマでした。
成宮くんがいて、切ない気持ちになりました。
林遣都の回はタップダンスを取り扱っていて、また彼が浮浪者で、この2点には胸躍りましたが、ドラマとしてはひかれる点はなかったです。
オムニバスでいいんだけど、それだけしかやらないの?という気持ちに毎度なります。
特に感情が揺さぶられるシーンはなかった。それドラマとしてはアウト。


次は映画「闇金ウシジマくん」です。

 

映画 闇金ウシジマくん [Blu-ray]

映画 闇金ウシジマくん [Blu-ray]

 

 

これが、とてもきつかった。押しである林遣都の凋落を見なければならないのが本当につらかった。
ただ全裸シーンはガン見していた。そこだけは感情のメータが振り切れていた。
大島優子さんはどうなるのかと思っていたのですが、彼女は汚れ役はされないんですね。
本物の美人局というのを初めて見ました。
話の冒頭で蒔いた種は全部回収しきったと感じました。
林遣都どん底に行くだけの話なんですが、ただそれだけで、面白いとは思えなかった。
むしろつらかった。押しは幸せになれ。あと必要ない設定やキャラもあったと思う。
マムシとか、実家にいるのとか。必要ないことはしない方がいい。