4/16-30 まゆたん

【4/16-30】

会社行ったり、布教会したり、ピアノのレッスン行ったり、友人の結婚式二次会の打ち合わせをしたり、
軽井沢アペリティフのイベントへ行ったり、テノールのコンサート行ったりしていた。


布教会ではユーリを見てました。


ピアノのレッスン、この先生の所へは5年ぶりくらいに行ったのだけれど、相変わらず熱くてびびった。

先生「あなたは昔の自分の亡霊にとりつかれている!今の自分でいいのよ!!」
わたし「????」

こんなかんじ。
楽譜に書き込まれているクレッシェンドとか、マル印とか、そういうのばかりにとらわれるな、と言いたかったみたいです。
大学時代はとにかく曲が弾けないとお話にならないので、書いてある音を出せるようにしていたのだけど、
そのかわり、曲から感じる熱とか、美しさとか、かわいさを感じて、ピアノで音にしようとしてこなかった。
簡単に言うと、感情をこめて演奏してなかったことを先生に指摘され、ちょっと涙が出た。
ごもっとな話で、ずばり図星だったのです。あと、ちゃんと演奏を聴いてくれた先生に感動して感謝した。


結婚式二次会の幹事を任されたので、もう一人の幹事と新婚夫婦と打ち合わせ。
高校の同窓会化のような状態になることが想像され、今から楽しみである。
ただ、幹事をしたことがないし、当日忙しそうでちょっとどきどきしている。
でも相方がきっちりしている人なので、相当安心と言うか、気を抜いている。


軽井沢アペリティフは、明るいうちからシャンパンやロゼ開けて、つまみをつまみながら楽しむイベントでした。

f:id:maruminaburana:20180716125337j:plain

f:id:maruminaburana:20180716125302j:plain


フランスではこういう食文化があるよ、という事だったけれど、全然ピンとこなかった。
来ている人たちも仕事関係げ来ている人ばかりのようで、そこかしこで名刺交換が行われていた。
ここで驚いたのが、まゆたんこと、漫画家の新條まゆさんが会場にいらっしゃったこと。
彼女はインテリアのデザインや家具の販売、貸出なんかを副業にしているらしく、この会場の置物なんかを依頼されたそうだ。
例えばシトロエンバス。

f:id:maruminaburana:20180716125228j:plain

すごい。すごい趣味だ。
ちょっとだけお話もできてとてもうれしかった。ヴィトンジャケットにヴィトントートバックなことを指摘すると、
「ヴィトラーなんです」とのこと。一般人には縁のないラーだ。初めて聞いた。
快感フレーズや愛俺を読んでました、と告げると、とても喜んでくださって、あ、新しい作品も読まなきゃな、と思いました。
来ている人たちがどう考えても地元民ではなく、会社経営してそうだったり、都会の雰囲気の人の中でパーティって言うのは、
気が引けてビビッていたけれど、まゆたんのおかげで、かけがえのないのない思い出になりました。楽しかった。


テノールのコンサートは、カフェみたいな小さいスペースで行われたのだけど、
ピアノの調律が残念で、こんな音でピアニストも歌手もいいんかい、などと思っていた。