12/17-22 オペラ「ちゃんちき」観てきた

【12/17】

師匠と松本へ市民オペラ「ちゃんちき」を観てきた。とってもよかったです。
松本はレベルが違う、というか異次元だ。比べ物にならないというか、比べちゃいけない。これこそ土壌が違う。
「ちゃんちき」は取っつきやすいオペラでございました。観やすい。なのでもっといろんなところでバンバン公演あってもいいのではないでしょうか。
お話はキツネの親子が主人公。
親離れせずにいる子ギツネに親ギツネが自立できるよう、その術を見せていき、最終的には親離れ、子離れで幕が閉じます。
市民オペラとは言ってるけど、出来が、もう、いいんですよ。役ついてる人はプロなんです。合唱とオケはアマチュアか。もう、よかったです。
演出家がちゃんちき初演から携わってる人らしいので、もうそうなったら、完璧ていうか忠実で、作品に敬意MAXでいいな、みたいな。はーー。
舞台空間が狭いのもよかった。舞台で視界が埋まるから集中して観られる。
観客が観劇し慣れているも、集中して観られた一因でした。みなさんとても集中していらっしゃった。観客も違う。

あと、この公演を観た人でわたししか述べないことを書こう。團伊玖磨ヒンデミットの孫弟子。

優雅にランチしてその後オペラ観て、これが幸せである。

 

【12/18】

ヒンデミットについて考えていたらドイツ旅行をしたくなって、グーグルマップでお散歩していた。
ヒンデミットの名前を冠した施設、建物、学校、通り、いろいろありますね。うれしくなりました。

 

【12/19】

ただ会社行って帰ってきた。

 

【12/20-21】

会社の人と旅行してきた。違う場所で働いている人たちとしゃべれる機会って、新鮮ね。
でも主にしていたことはP3Pと刀の勉強と夢王国王子に話しかけてもらう事であった。オタクが充実している。

 

【12/22】

週半ばの2連休で仕事の仕方を忘れたが、なんとか終わった。