7/11 イットフォローズみた

【7/11】

朝:納豆、ごはん
昼:ピーマンの肉詰め、きゅうりの浅漬け
夜:茄子のひき肉挟み焼、カレイの煮つけ

会社行って帰ってペルソナ3して「イットフォローズ」見た。

先日「貞子VS伽椰子」を見たばかりなので期せずして連続ホラー。
目的は日本語吹き替えの役者なんですがね!

あらすじ。呪いがあり、それはセックスで他人に移せる。
この呪いは自分にしか見えない幽霊?がひたひた歩いてきて、
そいつに捕まると無残な姿に呪い殺される。

主人公の女の子は仲間に相談してあれやこれやと人に移さず撃退できないか手を尽くします。
追ってくるそいつは幽霊?だけど壁抜けとかはできない。
こやつ、呪い殺したい人物が鍵を閉めてヒッキーしてたら、
窓ガラスを破ったり、ドアをぶち抜いたり、主人公の友人に扉を開けさせて迫ってくる。
なので主人公以外には見えないけど実態があるような幽霊?なんだな。
だから銃ぶっぱなせば見えないけど当たる。
でも銃って危ないよな、流れ弾があるからさ。
素人が使うのはあんま進められないと思った。

白石さんが福山に移すくだりは、「セックスで人に移せる」という決まりが
本当かどうかを試す必要があるのらな。
福山dieしちゃって、あかん、みたいな。

ともかくずっと「志村後ろ!」を続けている映画でした。
主人公の背後を常に見続けている映画でしたな。
人に呪いを移しても、移された人が死ねば呪いはさかのぼっていく。
だから人に移しても呪いとはずっと付き合い続けなきゃいけない。
ラストシーンの白石さんと河西さんは二人で手を取り合って、
呪いとなんとか付き合い続けていく、そんな風に見えました。
サクッと終ったけど、まあまあいい終わりだったんじゃないでしょうか!